美しい肌の条件♪一番キレイな肌を手に入れるためにするべきこと

美しい肌の条件♪一番キレイな肌を手に入れるためにするべきこと

スキンケアの効果を上げるためには、肌がどのようにできていて、どのような機能があり、何が必要なのかを知っておくことが重要ですね。

どのような肌が美しい肌の条件とは何をするべきなのかを追求します。美肌の条件のすべてがわかります。

一番キレイな肌を手に入れるためにあなたがするべきこと♪

一番キレイな肌を手に入れるためにあなたがするべきこと

●キレイのしくみを知ることが大切です

●美しい肌の条件とは

●コンデションの良い肌とは

●化粧のりの良い肌とは

●体の内側からのケアに勝るものはなし

●さあ!一番キレイな肌を目指しましょう

キレイのしくみを知る

キレイな肌の条件とは

肌の見た目というのは、簡単にいうと一番外側の表皮の状態の事を指します。

「キレイな肌ね」とほめられる肌をキープするためには、表皮の他に真皮や皮下組織などもしっかり機能していることが条件です。

表皮を植物の「葉」とするならば、真皮や皮下組織は「茎や根」に当たります。地面から栄養や水分を吸収し、たっぷりと供給して、全体に循環させる機能が行われています。

このサイクルが「肌のターンオーバー」です。

こうしたしくみを知ることで、肌のケアは外側からだけでなく、体の内側からも必要であることがわかりますよね。

みずみずしい新芽が次々と誕生し、キラキラと輝く葉でいっぱいになるように、そのしくみを知った上で、キレイな肌を維持していきましょう。

美しい肌の条件とは

美しい肌の条件

そもそも「美肌」とは、どのような状態を現すものなのでしょうか?

肌があれていると、せっかくのメイクも効果は半滅してしまいます。

「あの人の肌、キレイ!」と思わず声に出したくなるような美肌を目にしたことはありませんか?

ふわっとつややかでスベスベの肌は、それだけで好感度がアップしますよね。ホントに美しい肌はメイクを落とした後も、色むらがなく、均一でみずみずしい状態のことです。

そうした美肌を維持するには、水分量や皮脂分泌が過不足なく、バランスの良い状態であることが大切なんですね。

逆に言えば、水分量や皮脂分泌のバランスが悪いと、色むらのある肌となり、せっかくのメイクも映えずに、年齢も上に見られがちです。

肌が乾燥していると、ツヤ感が出しづらく、肌が脂っぽいと、ツヤというよりもテカリになります。水分量や皮脂分泌のバランスは、見た目以上に大きく肌に影響するものなんですね。

コンデションの良い肌

肌を老化から守る3原則とは

コンデションの良い肌とは、どういう肌でしょうか?

皮膚には、最前線でバリアを張り、外的刺激をシャットダウンして、体を守るという、重大な役割があります。

乾燥肌、脂性肌、混合肌と、様々な肌タイプがありますが、守るという仕組み、機能自体は基本的に変わりません。

ただし、紫外線などの刺激や生活習慣の変化、加齢によって、肌の皮脂分泌量が激変したり、真皮や表皮の厚さが薄くなると、構成の変化が起こり始めます。

女性にとって、肌は大切なものです。日々のケアで肌を外的刺激から守り、すこやかで美しい肌を手に入れて下さい。

化粧のりの良い肌とは

化粧のりの良い肌とは

時間をかけてメイクしたのに、今日はなんだか肌へのノリがよくない…、そんな経験はないですか?

そういうときの肌は、だいたい「キメ」が粗い状態になっています。乾燥や紫外線などによって、角質層がランダムにはがれているためで、こうなると更なるていねいなケアが必要です。

正しいお手入れを行うためには、まずは肌の基本構造や役割を理解しましょう。

皮膚を拡大してみると、縦・横・ななめに細い溝があることがわかります。皮膚表面は三角形やひし形、多角形などに区切られて、皮膚模様を描いています。

この溝を「皮溝(ひこう)」といいます。

皮溝は、皮脂を肌表面全体に広げる働きをするほか、皮膚がピント張った時のためのゆとりの部分です。

皮溝に囲まれて盛り上がった部分を「皮丘(ひきゅう)」といい、真ん中あたりには汗が排出される「汗孔(かんこう)」があります。

この皮膚の深さや皮丘の形は、肌の外観に大きく影響します。これを私たちは、肌の「キメ」と呼んでいます。

体の内側からのケアが一番

体の内側からのケアが一番

インナーケアに勝る美容法はなし!

インナーケアーとは、体の内側から気を配ってケアすることです。

「マッサージで顔色が良くなる」といわれますが、それは、栄養素を運んでくれる毛細血管の血液が改善されるからです。

体の中の栄養分は血流にのって運ばれるので、いくらスキンケアを行っても、血流が静脈内などに停滞した状態、つまり「うっ滞」していると、顔色は悪くなり、ケアの成果は見えにくくなります。

同じスキンケアを使っているのに、良くなる人、全然効果の出ない人が現れるのは、こういう状態のことです。

そして最も注意したいのが、バランスのとれた食事です。

皮脂の分泌は、食事によって大きく変化することがわかっています。ビタミンB群は、皮脂分泌をコントロールするという、美肌には欠かせない機能を持っているのです。

タンパク質やミネラル、ビタミンなど、肌をつくるものを積極的に摂ることで、皮脂分泌はある程度、自分でコントロールできるのです。

体の内側から肌はきれいになります。

食べ物や飲み物にも気を配ってキレイな美しい肌を手に入れて下さい。

チョコレートを食べるとニキビができる!

チョコレートを食べるとニキビができる

チョコレートを食べるとニキビができるのは、チョコレートの成分が悪いわけではなく、糖質の多いものを食べることが原因です。

糖質の少ないビターチョコを食べても、ミルクチョコほどニキビはできません。

やってませんか?NGチェック

やってませんか?NGチェック

肌の状態が悪いからメイクで隠す

土台である肌のコンデションが悪いと、せっかくメイクしても映えません。不調を隠すのではなく、肌の状態をチェックして、美肌に改善していくことが大切です。

甘いものが好き過ぎる!

チョコレートがやめられない人は、ビタミンB群が甘いものの代謝に消費されてしまって、吹出物などの肌トラブルが治るまでは、糖質の多いものは控えるか、糖質少なめのチョコにしましょう。

一番キレイな肌を目指す

一番キレイな肌を目指す

シワやシミ、ほくろなどが一つもない、美しい肌になることは難しくても、あなた自身にとって、一番よいコンデションの肌を目指すことはステキなことです。

美肌は、あなたの良さをより魅力的にしてくれるはずです。

自分の中の「トップオブマックスのキレイ肌」を毎日のスキンケアで目指しましょう。

最後に

スキンケアの効果を上げるためには、肌がどのようにできていて、どのような機能があり、何が必要なのかを知っておくことが重要ですね。

どのような肌が、美しい肌の条件とは何をするべきなのか?をリサーチしました。

美肌の条件のすべてをお伝えしました。

あなたにおすすめ美容アイテムランキング♪

着圧加圧ボディスーツ 猫背修正も!人気実力ランキング♪

美顔・美容ローラー 人気6機種コスパ完全ランキング

大人ニキビ化粧水 人気・実力ランキング♪効果比較【ベスト3選】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。