DHA・EPAの問題点【オメガ3クリルS】青魚のサラサラ成分の3倍の吸収率クリルオイルとは

オメガ3レクチャー

DHA・EPAの欠点!クリルオイルとは?

南極オキアミ由来のクリルオイルは、青魚由来に比べて3倍の吸収率がある!と注目されているのが全く新しいDHA・EPAサプリ【オメガ3クリルS】です。

DHA・EPAの欠点を補ってくれる3倍の吸収率があるクリルオイルの効果・特徴は?をレクチャーします。


今の現状は、これまであなたが積み重ねてきた結果です。

健康で家族に囲まれて幸せな生活を営んでいるのであれば、これまで健康に気を付けた食生活、生活習慣をして家族を大切にしてきた結果です。

もしも、病んでいる状態ならば、不健康な食生活、生活習慣を続けてきた結果が「今である」といえます。

脳の衰え、心筋梗塞は年齢を重ねるほどリスクは高まっていきます。

もう年だから、「何をやっても変わらないよ」という人もいれば、60才を超えても「まだまだ学びが必要だし、行きたいところもたくさんある、丈夫な体で健康で生き続けたい」とポジティブな人もいます。

ヒトの体の細胞は、10月10日(とつきとうか)で生まれ変わるといわれています。

最初の1サイクルはこれまでの修復期、次の1サイクルは体が慣れてくる、そして次のサイクルまで続けていくと、成長期を迎えてきます。

この時間軸のズレが「もうむり」と、挫折を生むのですが、時間軸を理解している人は、目標が決まれば、目の前のことに集中できるのです。

いくつになっても人は【変われる】のです。

脳の衰え、心筋梗塞は年齢を重ねるほどリスクは高ま

イヌイットの食生活がヒントに

グリーンランドに住む原住民イヌイットは、野菜をほとんど食べない偏った食生活をしているにもかかわらず、脳血栓や心筋梗塞などの生活習慣病の発症が非常に少ないことがわかっています。

イヌイットはアザラシやクジラ、カレイなどを好んで食べていることが特徴です。彼らの食生活を研究するうちに、そこに大きなヒントが隠されていることがわかりました。

魚やアザラシに含まれているDHAとEPAが血中の中性脂肪を減らし、コレステロール値を調節し、血液をサラサラにすることで、血栓や動脈硬化を防いでいると考えられています。

イヌイットが、今のファーストフード・肉食全盛の日本での生活を余儀なくされれば、高血圧、動脈硬化、高コレステロールに陥ることは、想像に難しくありません。

イヌイットの食生活

DHA・EPAのはたらきと効果

イヌイット族を支えていたのが、DHA・EPAだった!

不飽和脂肪酸の一種であるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、主に魚の油(青魚に多い)に含まれている成分です。

オメガ3脂肪酸とも呼ばれます。

脂質なので、さんま、さば、いわしなどいわゆる油の乗った青魚に特に豊富に含まれています。どちらも血液をサラサラにする健康成分といわれています

DHAには、脳の機能を向上させたり、抗うつ作用があるといわれています。

もう一方のEPAには、血栓を防ぐ作用の他に抗炎症作用(リウマチや腸炎予防)、免疫調節作用、脂質代謝改善作用などがあるといわれています。

そのため、人の体に欠かせない必須脂肪酸の一種であるDHAとEPAは、体内で合成できないので、食事で摂るしかありません。

ところが、DHA・EPAは不飽和脂肪酸で酸化しやすく、熱に弱いため効率的に摂るには調理方法も限られてしまいます。

青魚はちょっと苦手、という方にとっても毎日摂るのは難しいですね。

そこでおすすめなのが、サプリメントです。サプリメントならDHAとEPAの両方を、毎日確実に、しかも手軽に摂ることができるのでおすすめです。

青魚にはDHA・EPAが豊富です

オメガ3脂肪酸の多い青魚

DHA・EPAの欠点

DHA・EPAはサラサラにする健康成分として注目されているのですが、不飽和脂肪酸であるため酸化しやすいことと、吸収率の悪さがDHA・EPAの欠点です。

要するに、魚を焼いたり煮たりすると、流れ出る脂とともにDHAやEPAは減ってしまうからです。

生で食べることが一番効率がいいのですが、効率よくDHAやEPAを吸収するためには、ホイル焼きやムニエルにすることで、溶け出した脂を野菜や小麦粉が吸ってくれるので無駄なくDHAを摂取することができます。

そして最近発見されたのが、DHA・EPAの欠点だった吸収率において、3倍の吸収率のあるのが南極オキアミ、いわゆる【クリル】が注目されています。

南極オキアミ・クリル

DHAの吸収率3倍のクリルオイルとは

クリル(KRILL)とは:

DHA・EPAを魚油より効率よく補えると注目されているのが、南極オキアミから抽出した【クリルオイル】です。クリルとはオキアミのことさす英語で、見た目がエビに似たプランクトンの一種です。

南極という美しく汚染されにくいクリーンな海に生息する南極オキアミから抽出された【クリルオイル】には、不純物が蓄積されにくく、安全性が高いのです。

クリルオイルの吸収率の高さがわかる油と水の溶解度の実験です。

オメガ3クリルS魚油との違い

サプリ大国のアメリカでクリルオイルは、魚由来のDHAより健康素材として評価の高いサプリメントです。

クリルオイルの赤。赤ければ赤い程新鮮だといいます。

クリルオイル

クリルオイルと魚油の違い

クリルオイルと魚油とのおおきな違いは、ビタミンEの約550倍の抗酸化作用を持つ【アスタキサンチン】が含まれていることです。

もともとDHAは酸化しやすいのですが、アスタキサンチンがその弱点をカバーし、DHAやEPAのパワーをしっかりサポートします。

オメガ3クリルSには、3粒当たり1,000㎎以上のアスタキサンチンが配合されています。

最後に、オメガ3クリルS公式キャンペーン情報♪

生活習慣対策にも。クリルオイルでDHA・EPAを上手に摂り, 冴えわたる毎日を!

「オメガ3クリルS」は、クリルオイルをぎゅっと閉じ込めた新しいDHA・EPAサプリメントです。

オメガ3クリルSはこのような方におススメします♪

 物忘れがひどくなってきた!

 人の名前が出てこない!

 ボーっとして集中できない!

 コレステロール値が高いといわれた!

 血液がキレイになる食生活がしたい!

オメガ3クリルS

定期コースなら♪

★ 1袋 90粒入 初回、4,536円(税込) → 1,980円(税込・送料無料)

★2回目以降は通常価格です。

お1人様1袋限定。1ヶ月毎にお届けします。


>>オメガ3クリルS 完全ガイドTOPへ

>>オメガ3クリルS 口コミレビューへ

>>オメガ3クリルS 最安値はどこ?へ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。