大人ニキビができた時の正しいケアのポイント♪もっとも効果的な治し方

大人ニキビができた時の正しいケアのポイント♪もっとも効果的な治し方

ニキビは皮脂が多いせいでできると!と、思い込んでいる人が多いようです。

10代のニキビはほとんどが余分な皮脂が原因です。

しかし20代以降のニキビはオイリー肌でなくてもできます。

額など皮脂の多い部分よりもむしろ、あごなどの乾燥する部分に多いのが特徴です。

大人ニキビのケア、もっとも効果的な治し方について説明してまいりましょう♪

#大人ニキビ #正しいケアポイント #効果的な治し方 #ビタミンC誘導体 #ピーリング

大人ニキビになりやすいタイプ

大人ニキビになりやすいタイプ

大人ニキビの多くは、ホルモンバランスの乱れや、免疫力の低下が原因と考えられています。

ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下を起こす原因は、睡眠不足、運動不足、不規則な生活とストレスがあることが多いようです。

大人ニキビができた時の正しいケアのポイント

ニキビができた時は、過剰な洗顔とクレンジングは控えましょう♪

大人ニキビができた時の正しいケアのポイント

ニキビができると、皮脂や汚れが気になるあまり、一日に何度も洗顔したり、メイクもしてないのにクレンジングをする人がいます。

肌表面に余分な皮脂や汚れを残さないのは、ニキビ対策で大事なことですが、しかし、洗い過ぎは肌にとってもよくありません

肌にある、うるおい成分の多くは…、余分だと思われている皮脂が担っているんです!

そのうるおい成分を、必要以上に流してしまうからです。うるおい成分が不足すると、肌が乾燥し、肌のバリア機能を守ろうとして、角質が厚くなります。

その結果、毛穴の出入り口が角質でふさがれて、余計にニキビが悪化することもあります。

このときのクレンジングは、肌へのあたりの柔らかい、クリームタイプを使いましょう。拭き取りタイプは肌への刺激が強いので、洗い流せるタイプのを使いましょう。

洗顔は固形石鹸がおすすめ

朝起きた時や、クレンジング後のW洗顔は、刺激が強すぎず、すっきり皮脂汚れを落とすことができる、固形石鹸を使いましょう。

液体タイプの石けんは、成分が薄まっています。もちろん、石油系界面活性剤不使用のものが理想ですね。

■関連記事

竹塩とは、竹と天然塩を一緒に焼き上げたもので、いわゆる竹炭と焼き塩の事です。 つまり高温に焼き上げた竹炭と天然塩が...

ニキビができた時のスキンケアの選び方

ニキビができてしまった時は、どのようなスキンケアがいいのでしょうか?

まず、化粧品の油分は、アクネ菌の栄養源になるので、どんな種類の油分でもつけ過ぎないようにしましょう。

一方、水分はたっぷりと与えます。肌が乾燥すると、毛穴出口の角質が厚くなり、毛穴の詰まりもひどくなるからです。

固形石鹸による洗顔で、皮脂をしっかり洗い落とした後、皮脂分泌をコントロールして、ニキビを抑える作用のある、ビタミンC誘導体の化粧水をたっぷりつけましょう。

その後、肌のうるおいを保つために、ヒアルロン酸や、セラミド配合の油分少なめの保湿美容液でしっかり保護します。

■おすすめ関連情報

ニキビのオールインワン【パルクレールジェル】商品・口コミレビュー

化粧水はビタミンC誘導体配合のものがおすすめです

ビタミンC誘導体には、皮脂を抑えるほか、赤いニキビ痕を薄くする作用もあります。

洗顔後、手でやさしく押さえるようにして、肌になじませましょう。

ニキビといえば中学生や高校生のトレードマークかと思っていたら、大人になっても「ニキビができる」という人がたくさんいます。...

ニキビができやすい生理前にはピーリングがおすすめ

気を付けていてもニキビができやすいのは生理前♪

ニキビができやすい生理前にはピーリングがおすすめ

生理前になると、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンがニキビの初期症状である角質肥厚に影響したり、黄体ホルモンが皮脂分泌を増やすからです。

その結果、この時期にニキビが悪化することも多くなります。

ニキビの時におすすめなのがピーリング♪

ニキビができやすい時期には、ピーリングでケアするのもおすすめです。

皮脂の余分な角質をとることで毛穴が詰まりにくくなり、皮膚のターンオーバーを高めることで、ニキビ痕を予防できるからです。

ピーリングは、AHA(フルーツ酸やグリコール酸などの酸)などの専用の薬剤が配合された市販の化粧品を使うことで、自宅で手軽に行えます。

このとき、ピーリングには、コットンなどで拭き取るタイプと、洗い流せるタイプがあるのですが、ニキビの時は、刺激の少ない洗い流せるタイプのものがおすすめです。

■関連情報 洗い流せるタイプのおすすめピーリングジェル

ピーリングの正しい使い方

ピーリングはニキビができやすい時期に予防として使うのがおすすめです。

肌の弱い人は、週に1~2度ほどから、様子を見て回数を増やしていきましょう。

使って、ヒリヒリとした痛みがあったり、肌が赤くなる場合はすぐに中止しましょう。

そして、ピーリング後は、肌が敏感になっているので、敏感肌用化粧水を使用しましょう。とくに、油分の少ない保湿美容液をたっぷり与えましょう。

大人ニキビの原因をあれこれ調べても、出来てしまったニキビは、まずはどうにかすることが先決ですよね。 大人ニキビの赤...

最後に

肌の弱い人は、ピーリングやビタミンC誘導体は使えない!という印象がありますが、これは誤解です。

ピーリングは角質を除去するケアなので、肌に何らかの成分を吸収させる必要もなく、アレルギーの心配もありません。

肌が弱い人でも、弱めのピーリングから初めて、少しづつ慣らしていけば、代謝が上がって、肌はだんだん丈夫になっていきます。

アトピー性皮膚炎の人が、月に一度程度のピーリングで、黒ずみが取れて、肌が丈夫になったケースもあるくらいです。

また、ビタミンC誘導体は、ニキビができた時に炎症が起こり、その赤みがいつまでも消えないことがあります。

何年もかけてきていくこともありますが、日焼けをすると、シミに移行することがあります。

そんな時は、ビタミンC誘導体入りの化粧水や、イオン導入などでケアしましょう。イオン導入美顔器おすすめランキングはこちら

ビタミンC誘導体とは、抗酸化作用のあるビタミンCを肌に浸透しやすくしたもので、コラーゲンの生成や美白、ニキビ、毛穴のたるみ防止に役立ったりと、さまざまな効果が期待できる注目の美容成分です。

■関連情報ビタミンC誘導体&ピーリング

ワンランク上のビタミンC誘導体化粧水・美容液おすすめランキング9選

ニキビに使いたいおすすめピーリング化粧品人気スーパーランキング7選

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。