シワの原因は、皮膚のコラーゲンが傷むからできるんです♪

シワの原因は、皮膚のコラーゲンが傷むからできるんです♪

肌荒れ、シミやシワなどのエイジング、毛穴と肌に悩みを抱えた女性は多いです。

そんな関心の高い肌についてカン違いしている人が実に多いです。

その中のひとつであるコラーゲンについてもばんやりとわかっているけど本当の効果はどうなのか?

シワの原因は皮膚が打撃を受けて傷むからできるという事実について説明します。

#シワの原因 #コラーゲン #皮膚 #サプリメント #美容液 #スキンケア

シワの原因は、皮膚のコラーゲンが傷むからできる

あい反する情報の中、科学的に考えれば真実は一つです♪

シワの原因は、皮膚のコラーゲンが傷むからできる

美肌は自分で毎日、大切に育てていくもの

「美しい肌を手に入れたい」という気持ちは、誰でも同じです。

でも、スキンケアに時間やお金ばかりをかけていても、方向性が間違っていれば、逆に肌を傷めてしまうこともあるのです。

やみくもに、色々な物を試す前に、まずは知識を身につけましょう。

肌は一生のお付き合いです。

自分自身で育てていくものです。肌のしくみ、自分の肌につける化粧品の成分、その化粧品が肌のどの部分にどのように効くのか?

そういう難しい部分にも積極的に知り、毎日 肌を気にかけ、肌の調子に合わせてスキンケアを調整していくようになれるといいのです。

肌は気にかけた分だけ、かならず応えてくれるからです。

■【飲む液体コラーゲンとは♪】

シワを撃退♪天使のララ液体フィッシュコラーゲン

美味しいフィッシュコラーゲンドリンク♪天使のララ成分&商品レビュー

シワは皮膚のコラーゲンが傷むことで起きます

コラーゲンとは

「膠原繊維(こうげんせんい)」とも呼ばれる繊維状の成分で、真皮の70%を占めています。

コラーゲンは古くなると、分解され、一方で新しく作られていきますが、著しく減少したり、変性したりすると、肌の弾力が失われて、シワやたるみの原因となります。

ヒアルロン酸とは

ゼリー状の物質で、コラーゲンやエラスチンの間を埋めています。

優れた保湿力があるため、化粧水などに良く配合されていますが、ふつう化粧水が浸透するのは、角質層までで、真皮のヒアルロン酸が補給されるわけではありません。

エラスチンとは

「弾性繊維(だんせいせんい)」ともいわれる真皮の約5%を占める成分で、コラーゲンと同様に、ゴムのように弾力のある繊維です。

ところどころで、コラーゲンをつなぎとめ、肌の弾力を保っています。

シワができるメカニズム

シワができるメカニズム

シワは、乾燥のせいで出来るわけではありません。

みなさんは、水分を与えれば、乾物を水で戻した時のように、シワが伸びると思っているみたいですが、肌のシワはそういうものではないんですね。

シワは、皮膚のコラーゲンが傷むことによってできるんですね。

コラーゲンは繊維状で、皮膚の中でネットワークを作って肌の弾力を保っていますが、年齢と共に弾力が失われて、シワができるんですね。

コラーゲンはサプリメントで補充できるの?

残念ながら、コラーゲンは飲めばいいというものではありません。

飲んだコラーゲンは、体の中でアミノ酸に分解されてしまいます。飲んだ状態のまま、肌のコラーゲンとして定着するわけではありません。

コラーゲン配合の化粧品はどうですか?

化粧品にコラーゲンが配合されているのは、保湿成分としてです。

コラーゲンには「表皮」にある角質層の水分を保つ働きもあるので、保湿用に化粧品には使われているのです。

ところが、シワにかかわるのは「真皮」にあるコラーゲンなんです。真皮のコラーゲンは、紫外線で日々傷んでいます。

40代後半からは、作られる量が激変し、20~30代でも不規則な生活や無理なダイエットで減ってしまいます。

結局、UVケアと健康的な生活が、肌のためには良いということになりますね、

コラーゲン…

表皮・真皮それにコラーゲン、なんだか自分の肌の事なのに、わかっていなかったことがたくさんあるみたいですね。

肌についてもっと勉強しなければなりませんよね。

■【天使のララファーストセラムの実力とは】

天使のララファーストセラム有効成分と本当の効果・体験レビューあり

若々しい肌を保つ女性ホルモン・エストロゲン

美しい肌を内側からつくりだすエストロゲン。

若々しい肌を保つ女性ホルモン・エストロゲン

エストロゲンは、卵巣で作られる女性ホルモンですが、このエストロゲンと肌にまつわる興味深い実験が行われました。

まず、20人ほどの女性の年齢を、男性に当ててもらいます。

そして、実際の年齢よりも若く見られた人の血液を調べたところ、エストロゲンの量が多いことがわかりました。

つまり、エストロゲンが多い程、若々しく見えるということなんですね。

エストロゲンには、肌老化を引き起こす活性酸素を取り除いたり、肌の弾力を保つコラーゲンを維持したりする作用があったんですね。

しかし、残念ながら25才ごろをピークに分泌量は低下していきます。

加齢による減少はともかく、生活習慣によって減少させるようなことは絶対に避けるべきです。

エストロゲンとは、卵巣で分泌される、妊娠・出産のためのホルモンです。20代の頃に最も多く分泌され、25歳頃でピークに達します。そして30代後半から徐々に減り始め、さらに更年期になると、急激に減少するといわれています。

シワ・たるみ予防にはコラーゲンを増やすケアが有効

シワ・たるみ予防にはコラーゲンを増やすケアが有効

シワに有効なのはビタミンC・レチノール

シワの発生を遅らせるのには、コラーゲンの変性を防いだり、コラーゲン量を増やしたりするケアが必要です。

そのためには、ビタミンC誘導体など、コラーゲンの合成を促す成分を取り入れるとよいでしょう。

また、レチノールの使用やピーリングを続けていくと、肌の代謝が高まり、真皮のコラーゲンの増えていくのです。

最近は、ビタミンCなどの成分をより肌に浸透させるための美顔器もあります。

絶対試してみたい美容法ですよね。

■【ビタミンC誘導体入りスキンケア♪】

ビタミンC誘導体を使ったスキンケア・ニキビケアおすすめランキング

■【イオン導入器おすすめランキング♪】

ニキビ・エイジングケア・イオン導入美顔器おすすめランキング

飲むコラーゲンは意味があるの?

コラーゲンを体の中から増やすのであれば、コラーゲン入りのドリンクや、すっぽん・ふかひれなどからコラーゲンを摂ればよいと思う人がいるかもしれません。

でも、それらは肌のコラーゲンになるとは限りません。

コラーゲンはタンパク質なので、胃腸の中で一度アミノ酸に分解されますが、分解されたアミノ酸が、必ずしも皮膚に使われるという保証はないのです。

臓器や、脳など生命活動に関わるところに、優先して働き、最後の最後にようやく肌にはたらくようになっているからです。

ただ、だからといってコラーゲンを全く摂らなくてもいいということではありません。

コラーゲンは肌だけに作用するわけではないからです。からだにコラーゲンは、とっても必要な成分だからです。

コラーゲン注入は効果があるの?

若々しさを取り戻すと評判のコラーゲン注入とは?

コラーゲン注入・ヒアルロン酸注入

ほうれい線など、深いしわに沿ってコラーゲンを、またはヒアルロン酸を注入すると、くぼみがふっくらして、目立たなくなるというものです。

コラーゲン注入についてはアレルギーを起こす人もいるので、最初にアレルギー検査が必要です。

ヒアルロン酸は、アレルギーの心配はありません。だから、最近ではヒアルロン酸注入が人気となっています。

費用としては、

コラーゲン注入:左右のほうれい線で5万円~

ヒアルロン酸注入:7~10万円

■【刺すヒアルロン酸でヒアルロン酸注入】

真皮へ届く刺すヒアルロン酸ニードル・ヒアロディープパッチ商品情報

最後に

肌のしくみがどのようになっているのか知っておくと、毛所品がどの部分にどのように効くのか、なぜそのケアが必要なのかが、わかってきます。

特に、「表皮」「真皮」の仕組みや働きを知っておくと、若さのヒミツを知ることにもつながりますよね。

シワやたるみ防止のために、マッサージをする人もいますが、注意が必要です。

弾力を失ったコラーゲンは、引っ張られることで、伸びたり、切れたり、よれたりします。

結果としてシワを深くしてしまうからです。

血行促進のためのマッサージをするのであれば、引っ張らないようにソフトなマッサージをおこないましょう。

シワやたるみの、体の中からのケアとしては、規則正しい生活や、バランスのとれた食事が大切です。

睡眠不足や無理なダイエットなどもシワの原因になります。

■【シワ・たるみ美容液ランキング♪】

目や口元のシワ・たるみに浸透型美容液おすすめ人気ランキング♪6選

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。