糖尿・血糖値が怖い!?イヌリンを摂取してるからメタボ・血糖値が気にならないんです

糖尿・血糖値が怖い!?イヌリンを摂取してるからメタボ・血糖値が気にならないんです

太り過ぎによる「心筋梗塞、脳卒中、糖尿病」は、肥満を解消すれば減少させる事ができるという。

太る(メタボ)原因、糖尿病の仕組みを理解すれば、今すぐ始めなければならないこと、治すべきこと、継続するべきことがわかり、その解決方法も見えてくる。

血糖値改善にイヌリンが注目されていますが、菊芋(イヌリン)についてベストな摂取方法を詳しくご紹介します。

メタボからの脱却!一番目にやるべきこと

ヒトはなぜ太るのでしょう?

メタボからの脱却!一番目にやるべきこと

人類の歴史を考えると、「飢え」と「寒さ」との闘いでした。それを克服するためには、少しでも食べて脂肪が蓄えられるようにするために、何万年もかけて「遺伝子」が出来上がりました。

そして、私たちの遺伝子には「命をかけてでも同胞を守れ」という命令が書き込まれています。

その証拠に、先の「東日本大震災」の時の、津波や震災の報道があった時、「自分がまきこまれなくてよかった」と、喜んでいる人は一人もいなかったのです。

同胞が家族を失い、寒さに震えている姿を見て、いてもたってもいられずに、支援に向かった人もいました。

衣服や日用品を支援センターに送った人もいたでしょうし、募金に協力した人もいたでしょう。

なぜダイエットは続けられないのか?

<メタボ解消、ダイエットの極意をお伝えします>

ヒトは同胞が苦しんでいるときには、私たちの「魂」は喜べないようにできていますが、「」は自分が人より恵まれていることを喜ぶ性質があります。

健康にためと、ダイエットをしたり、トレーニングを続けたりと、がんばろうとするのですが、途中であきらめたり、止めてしまったりする人が多いの事実です。

私もジムでのトレーニングを1週間に1回、約2時間ほど、バイク、ウォーキング、マシーンで下半身上半身のトレーニングを行っています。

年取ったら、体が硬くなるし、あちこちの筋肉が劣ってきます。

一生懸命に汗を流してやっていても、誰からも褒められません。効果もすぐには現れません。ほんとメゲそうです。

ただ、私の場合こういうふうに考えます。

これは「修行」だと…。

70歳になった時、山登りができる、あちこち家族で旅行にもいきたい!そのためには足腰が丈夫なのが最低条件だと、だからこれはそのための修行だと考えて行っています。

その時、私たちの脳はこのように考えています。

「そんなつらいことをして何になる」

「やめちゃえ、やめちゃえ」

脳は我慢するのが大嫌いなんです。

ダイエットやトレーニングの目的が、「痩せたいから」とか「スタイルが良く見られたい」など、自分のため、自分の幸せを達成するためだとしたら、魂が共感しないからです。

だから、

「家族に迷惑をかけないため」

「子供や孫がなんかあった時にはこの腕で引っ張り上げる」

「大きな差異ががあった時には、幼い孫や母を背負って避難所の高台まで駆け上がるため」

「近隣の人を助けるため」

と考えると、「魂」はがんばるのです。つまり、自分のためではなく、人のために尽くすことを目的にすることが「魂」にはたらきかけ、「魂」もそれに反応するんです。

頭だけで、考えても実践はできません。

魂が共振してこそ、がんばれるのです。

脂肪と糖を同時に摂るから太る

脂肪と糖を同時に摂るから太る

写真はイメージです

カロリーを気にする人がいます。

では、400㎉と800㎉のお弁当があったら、カロリーの少ない方が健康に良いと考えがちです。

<1グラム当たりのカロリー>

  • 糖質 → 1g → 4㎉
  • タンパク質 → 1g → 4㎉
  • 脂質 → 1g → 9㎉

これらを見て、同じ100gを食べたら、糖質と、タンパク質、脂質のどれが一番太るのでしょうか?

たいていの人は脂肪と答えますが、しかし、実際は糖質です。

糖質を摂ると太る!

タンパク質を摂った時、中性脂肪には変換されません。だからタンパク質をとっても太りません。

糖質は、摂るとすぐに「血糖値」が上がり、それを下げるために「すい臓」からインスリンが分泌されます。

そのインスリンに、脂肪細胞膜の表面にある「糖輸送体(GLUT)」が反応して、糖を脂肪細胞内に輸送し、脂肪に変えます。

つまり、糖質を摂ると太ります

脂肪を摂った時、血糖値は上がりません。

そこで、すい臓から血糖値を上げるためのグルカゴンというホルモンが分泌されます。

このホルモンに、脂肪細胞中の「ホルモン感受性リパーゼ(HSL)」という、脂肪分解酵素が反応し、脂肪を分解して血中に放出します。

だから、脂肪だけを摂ると痩せます。

うな重を食べるときは、タレの染みたほくほくのご飯はキケンです。

かつ丼の甘いだし汁のしみ込んだツユダクのご飯、これもキケンです。

これこそが、脂肪と糖です。

摂取カロリーが多くても、タンパク質と脂肪だけなら太ることはないです。反対に、摂取カロリーが少なくても、糖質を摂るから太るんです。

知っておきたい糖尿の仕組みとは?

太り過ぎの説明の次は、糖の取り過ぎについて説明します。

糖質は私たちのカラダのエネルギーになります。しかし、体内に貯めておくのは比重が重すぎるので、軽くて燃費のいい脂肪に変えて貯めるようになっています。

ところが、脂肪が付きすぎると身動きが取れなくなり、エサを追いかけることも敵から身を守ることもできなくなります。

そこで、人間はどれだけ食べても太らない体質を確保しようとします。

腎臓は普段、血中の老廃物をろ過して、栄養分を吸収します。ところが、高血糖状態が続くと、再吸収機能を働かせなくなって、糖を尿中に垂れ流すようになります。

糖が尿中に排出されることから「糖尿病」と名付けられました。

メタボ・糖尿にならないための食事

メタボ・糖尿にならないための食事

糖質が肥満、糖尿、動脈硬化による心筋梗塞、脳梗塞の元である。

糖質の代表的なものは、お米や小麦粉などの穀物、イモ類などがあります。それも、精製された糖質は、体に入った瞬間に取り込まれて血糖値を上げます。

ところが、サトウキビを食べて、肥満や糖尿になる人はいません。サトウキビには食物繊維の他にも、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富です。

糖質の占める割合は少なく、そのまま食べても糖質が取り込まれることはありません。しかし、サトウキビを99.9%精製した「白砂糖」は、体に入った瞬間に血糖値を上げます。

同じ砂糖でも黒砂糖(サトウキビから作った)がおすすめです。

米の場合も同じです。

玄米には外皮や胚芽には、食物繊維、ビタミン、ミネラルといった、米の生命に必要な栄養素が豊富に含まれています。

白米は、この栄養分を取り除き、白い糖質の部分だけにしたのが白米です。

白米の食べ過ぎは、肥満や糖尿、動脈硬化の原因になるのです。

食べ物には、それぞれ正しい食べ方があるのです。

ポリフェノールが豊富な野菜や果物の正しい食べ方

ポリフェノールが豊富な野菜や果物の正しい食べ方

野菜や果物の「皮」には、身を守るためにポリフェノールが含まれています。

昔から、「1日1個のリンゴは医者いらず」といわれていますが、リンゴは皮のまま食べるようにしましょう。

リンゴに限らず、梨も柿も、すもも、ブドウも皮ごと食べましょう。

<野菜や果物の皮に含まれているポリフェノールの働き>

  • 抗酸化作用:リンゴの皮をむくと酸化しますが、皮があるから酸化しません
  • 創傷作用:気になっているリンゴは、猿にかじられてもすぐに皮ができる
  • 抗菌作用:皮があるから菌やカビが侵入しない

<え~、でも農薬が心配>

皮を食べましょうというと、「農薬が心配」といいますが、野菜や果物が消費者のところに届くころには、残留農薬はほぼ存在しません。

いちご狩りや、さくらんぼ狩りに行って、洗わずに食べていますが、それで健康被害にあった人はいません。

皮には、抗がん作用や若返り作用のあるポリフェノールが豊富に含まれているので、皮をむいてしまった果物は「単なる果糖の固まり」なんです。

これは、肥満や病気の元になる糖質なんです。

錆びない体を作るごぼう茶

錆びない体を作るごぼう茶

ポリフェノールを含み、抗酸化作用のある食材といえば、日本人が昔から食べている「ごぼう」です。

ポリフェノールが豊富で、錆びない体を作ってくれる、そして、「イヌリン」という食物繊維は、善玉菌の棲み家となりエサとなるので、腸内環境がよくなる食材です。

コーヒーや紅茶、ウーロン茶はカフェインが含まれているので、飲み過ぎは禁物ですが、ゴボウ茶ならば飲めば飲むほどゴボウの栄養が摂れるんです。

いつでもどこでも、冷たくしても温かくしてもどんどん飲んでください。

おうちでもゴボウ茶を作ることはできますが、手間ひまを考えたら市販品の方が簡単に飲めるし、経済的にもお得なんです。

また、ゴボウ茶は紙パックの商品が多いのですが、お茶として飲んだ後、パックの中のごぼうをそのままみそ汁に入れたり、シリアルに入れたりして食べても大丈夫です。

<ゴボウ茶を選ぶ基準>

  • 産地(なるべくなら西日本産)
  • 焙煎方法
  • 皮まで使っているか

製品表示を確認してから、購入することをおすすめします。

ゴボウのイヌリンで腸内活発!「女神のごぼう茶」

エイジング成分として評判の高いのがごぼう茶♪

エイジング成分として評判の高いのがごぼう茶

■女神のごぼう茶はココが違う!

  • 栄養逃がさずぎゅっと凝縮<天日干し>
  • 女性に嬉しいこといっぱい<九州産ごぼう100%
  • <ごぼうの皮>もまるごと使用
  • 甘み・香りの強い「厳選九州産ごぼう」

某有名なごぼう茶は茨城県産、女神のごぼう茶は九州産、あなたはどっちを選ぶ?

<ゴボウはイヌリンとポリフェノールが豊富!ゴボウには女性にうれしい鉄分・亜鉛も!>

女神のごぼう茶はゴボウの皮も使用

■女神のごぼう茶のおすすめポイント

  • 保存料・香料・着色料一切なしの完全無添加
  • 残留農薬の検査も徹底的に実施(安心安全)
  • 皮ごと天日干ししたごぼう(差別化)
  • 九州産農家が育てる九州産の高品質ごぼう100%使用(成分へのこだわり)

<女神のごぼう茶はお湯を注ぐだけの簡単エンジングケア!>

女神のごぼう茶はお湯を注ぐだけ簡単

■女神のごぼう茶キャンペーン情報!

今なら1ヵ月分2,980円が → 1,570円!!
しかも定期しばりなし!
ずっと送料は無料!

<ノンカフェインだから1日何杯でも飲める!女神のごぼう茶>

機能性食品として認められた菊芋とは

キクイモとは、北アメリカ原産のキク科の植物です。花が菊に似て、根に多くのイモができることから、キクイモ(菊芋)と呼ばれています。

太平洋戦争の時代には、日本でも食料不足を補うために、各地で栽培され利用されてきました。

現在でも、各地で見ることができますが、残念ながら野生のキクイモは茎は、食べられるまでには成長はしません。

キクイモの主成分は「イヌリン」という多糖類で、デンプンが含まれていません。そのためキクイモを食べても血糖値は上昇しません。

血糖値が上昇すると、血糖を下げるために、すい臓は重い負担を強いられます。

しかし、キクイモに含まれているイヌリンならば、血糖値が上昇することもなく、すい臓への負担も減少し、インシュリンも余裕をもって分泌されます。

血糖値が下がることで、すい臓などの他の臓器への負担もなくなり、全身の症状が改善されることがあります。

イヌリンの働きとは?

キクイモによって、アトピー体質の改善中性脂肪の減少肝機能の回復といった報告もあります。

農水省食品総合研究所 の分析によれば、キクイモには「イヌリン」が12~13%含まれているといわれています。

キクイモに含まれている多糖類には、デンプンが含まれていないので、消化管内で消化されず、排出されてしまいます。

そのため、ダイエットにも適しています。

また、便秘の予防にもなり大腸の環境がよくなることも注目されています。

便秘の原因は、大腸のぜん動運動のはたらきが弱まって起きることですが、キクイモを摂ると、繊維分の残りカスが腸内で発酵し、腸内ガスを発生させて、腸粘膜を刺激して、排便を促す効果があり、大腸ガンなどを予防するというものです。

その他にも、キクイモに含まれる成分として、ビタミンB1やB2、ナイアシン、ビタミンCを多く含んでいるバランスの良い食品なんですね。

特にビタミンCが多いので、免疫力を高め、風邪の回復を早めたりする作用が報告されています。

出典:慈恵クリニック 医学博士 山田義帰先生

テレビでも注目のイヌリンとは?

イヌリンは天然のインシュリンと力説♪

イヌリンは善玉菌のエサとなって短鎖脂肪酸が作られる。

イヌリンは天然のインシュリンと力説

<イヌリンは血糖値に作用する天然のインシュリン>

腸内フローラに良い影響を与える水溶性食物繊維イヌリン」は、食後の血糖値の上昇を抑える機能が報告されています。食後の血糖値が気になる方に適した食品として、食べる天然のインシュリンとも呼ばれています。菊芋は腸内環境を整えることで、便秘・ダイエット・美肌にも貢献してくれると人気です。参考:おすすめ菊芋サプリランキング

メタボが気になるんですか?HMBとイヌリンでメタボ解消しました!

アミノ酸HMBも配合したイヌリン

イヌリンに太りにくい体質にする必須アミノ酸「HMB」を配合したサプリメントでメタボ撃退を目指してください。

そこでご紹介したいのが、「すこやか自慢イヌリンとHMB」です。

すこやか自慢のイヌリンとHMBは、このような方におすすめです。

■メタボ解消!ダイエットのお供に

  • 糖分コントロールをしたい方
  • 糖質ダイエットをしている方
  • ダイエットをしている方
  • 美容に気を使っている方

■健康に気を付けている方

  • お酒や甘いもの、炭水化物などの食事制限をされている方
  • お通じの状態が気になる方
  • 生活習慣を気にしている
  • 不規則な食生活の方
■努力しただけではメタボは解消されません!

画像はイメージです

菊芋はイモを食用とするキク科の植物で、山野に自生し非常に生命力の強い植物です。イヌリンは腸内の環境を整える水溶性食物繊維で、善玉菌のエサとなります。

イヌリンのデメリット

ただし、イヌリンを摂取すると、オナラが連発して出ることがあります。(笑)

これは、腸内の善玉菌のエサとなり、食べたものを栄養にして血液に送った後の、食べ物の「カス」をさらに分解して発酵させるから、ガスが発生するためです。

ガスが出ていることは、イヌリンが腸内でしっかり働いている証です。

<メタボ解消に役立つイヌリンとHMB>

すこやか自慢イヌリンとHMB

<イヌリン含有、業界TOPクラス46,700mgとHMB配合のサプリ>

只今キャンペーン中!

5,700円が → 1,980円!

菊芋サプリ人気ナンバー1は「金の菊芋」!?

食後の血糖値が気になる方に菊芋は【機能性表示食品】♪

金の菊芋

一日摂取目安量7粒(1.75g)あたり、  「金の菊芋」に含まれるイヌリンを750mg含んだ食品です。  食後の血糖値が気になる方におすすめです。

金の菊芋の特徴とおすすめポイント

「金の菊芋」に含まれるイヌリンには、食後の血糖値の上昇を抑える機能が報告されています。

食後の血糖値が気になる方に適した菊芋サプリメントで  日本で初めての【機能性表示食品】となっております。

1日7粒を目安に食前にお召し上がりください。
そのまま噛んでいただくか、お水などと一緒にお召し上がりいただけます。

「金の菊芋」原料は、九州地方で農薬不使用栽培で育てられ  品質を徹底管理した菊芋だけを使用していますので、大変安心です。

菊芋を収穫後すみやかに乾燥させ、粒状に固めました。

原材料のうち菊芋が99%という驚異の純度となっています。

<食後の血糖値が気になる方に金の菊芋・全額返金保証付>

250㎎×210粒 4,100円 → 2,760円

送料も無料!!

最後に

いかがでしたか?

今回は、血糖値が気になる方、メタボが気になる方に糖質の摂り過ぎに注意することと、食後に血糖値を抑える機能性食品である菊芋サプリについてご紹介しました。

血糖値改善にイヌリンが注目されていますが、菊芋(イヌリン)についてベストな摂取方法で、生活に菊芋、イヌリンを取り入れてみてはいかがでしょう。

イヌリンを摂取してるからメタボ・血糖値が気にならないんです!?

これからも、お体を大事になさってすこやかにお過ごしください。(^_-)-☆