女性は酵素を味方につけたらもっとキレイになれる

女性は酵素を味方につけたらもっとキレイになれる

体のはたらきを整える酵素は、ホルモン分泌を助け、ニキビや肌トラブル、シミ・シワのもととなる活性酵素の抑制にも効果的です。

たるみ・むくみもスッキリする酵素の働きとは。女性は酵素を味方につければもっとキレイになれます。

#酵素とは #ヤセる #腸内環境を整える #内側からキレイになる

女性は酵素を味方につけたらもっとキレイになれます♪

女性は酵素を味方につけたらもっとキレイになれます

近年、話題になることが多い酵素ですが、その重要性が知られるようになったのは、ここ10年ほどです。

栄養学の世界をガラリと変えた酵素について最新の知識を学びましょう。

■【酵素のチカラで理想の美ボディー♪】

健康的な美しいカラダをつくる酵素のチカラ♪理想の美ボディー&美肌

酵素についてもっと知ろう

酵素についてもっと知ろう

体に欠かせない栄養素として注目が高まっている酵素。

酵素には、タンパク質や脂質などとは、大きく異なる点があります。それは、酵素は「生きている」ということです。

私たちの体の中では、休むことなく化学反応が繰り返されています。60億以上の細胞が、栄養を吸収したり、老廃物を排出したり、新陳代謝しています。

酵素はその化学反応の「触媒」として、栄養を小分けにしたり、各器官に運んだりなどの働きをしています。

酵素の種類は現在わかっているだけでも、13,000種類以上あるといわれていいて、炭水化物を分解したり、タンパク質を分解するなど、酵素は一つの種類で一つの働きしかしない頑固な職人のようです。

酵素は年齢と共に減っていく

酵素は年齢と共に減っていく

酵素は、体内にある「潜在酵素」と、外部から取り入れる「食物酵素」の2種類があります。

「潜在酵素」は生まれた時から体の中にあり、年を取るに従い減少します。

また、酵素は体内で常に作られていますが、1日の生産量は限られており、一生の量も決まっています。

しかし、外部から「食物酵素」を取り入れると、酵素はその食物自体も消化するので、「潜在酵素」を使わずに済みます。

酵素の役割には、消化と代謝があります。

消化器官で分泌される「消化酵素」は、食べ物を分解する働きがあります。

その一方で、代謝酵素は消化後に腸壁で吸収された栄養をエネルギーに変えるほか、免疫の維持、細胞の修復、ホルモンバランスの調整などを行っています。

酵素は女性ホルモンの分泌を助ける

酵素は女性ホルモンの分泌を助ける

美容に大きな影響を与える女性ホルモンがエストロゲンです。

エストロゲンの分泌は30代後半から減少をはじめ、45才から激減します。

しかし、最近は若いころからエストロゲンの分泌がうまく行かず、プチ更年期のような症状を感じている人も多いようです。

エストロゲンの生成に必要なのは、ビタミン、ミネラル、そして酵素が必要です。

酵素不足だとエストロゲンが生成されず、代謝が低下して肌荒れしたり、コラーゲン不足で肌が老化したりするのです。

そうならないために、酵素を摂るのはもちろん、エストロゲンの急激な低下を抑える大豆製品を摂るようにするといいでしょう。

■【酵素サプリメントおすすめランキング♪】

キレイにヤセて美肌もゲット酵素ダイエットサプリおすすめランキング

キレイにヤセて美肌もゲット酵素ダイエットサプリおすすめランキング

脂肪が分解されればニキビが消える

酵素は女性ホルモンの分泌を助ける

油ものを食べると、ニキビができる。経験上、そう感じたことがある人は多いでしょう。

でも。食べた油がすぐに顔に出ているわけではもちろんなく、そこには体内のシステムが深くかかわっているからです。

脂肪をとりすぎると、腸内でうまく消化されず酸敗さんぱい(脂肪が酸化し腐敗すること)の状態になります。

これによって、毒素が血液の中に流れてしまい、肌を傷める原因となります。

また、肌の乾燥は、とった脂肪が皮膚まで行き渡らないことから起きる症状です。これは、酵素不足で、脂肪が分解できないからです。

このように、肌と脂肪の分解は、深く結びついているので、脂肪を分解する酵素があれば、肌はキレイになるのです。

■【おすすめ美容コラム♪】

美しい肌の条件♪一番キレイな肌を手に入れるためにするべきこと

活性酸素を除いてシミ・シワ予防

酵素不足による肌トラブルは、ニキビだけではありません。

シミ・シワにも酵素と腸内環境は係っています。

砂糖や酸化した油、マーガリンや焼き菓子に含まれるトランス脂肪酸をとりすぎると、酵素を大量に使って、消化が進まず、胃や腸に長くとどまってしまいます。

それが、ウィルスや悪玉菌のエサになり、しれを処理するために白血球の残骸が、老化の老化の原因となる「活性酸素」をつくりだしているのです。

活性酸素は、やがて肌を茶色くするリポフスチンという、老化色素に変化し、シミをつくりだしています。

シミ・シワ予防には、エステや高い化粧品より、酵素ドリンクが断然おすすめです。

酵素でたるみ・むくみをスッキリ

体の悩みに多いのがむくみです。

足のむくみはもちろん、朝起きたら顔がむくんでいたなど、美容面でも困りますよね。特に、生理前に椋本いう女性も多いのではないでしょうか。

むくみは、新陳代謝が悪く、血液がルロー状態(ドロドロ血)になっているのが原因です。ドロドロ血になると、栄養が末端の毛細血管までいかず、血行が悪くなります。

すると、老廃物が排出されず、代謝が悪くなり、またむくむという悪循環が起こります。

そんな状態も酵素を摂ることで解消します。

そんな時におススメするのが「週末酵素断食(ファスティング)」です。

酵素のチカラでもっと健康に!

腸内環境が整うと免疫力がアップ

近年、免疫機能の70%は小腸の粘膜である長官に、10%は大腸にと、合わせて80%が腸にあることがわかりました。

小腸は、粘膜というバリアーを通して、外から侵入してくるあらゆる異物や病原菌、有害物質などに接しています。

そのため、体に有害なものを取り入れないように「免疫力」という「抵抗力」を持っているのです。

免疫力を活躍させるのには、腸内環境が「善玉菌」で満たされることが必要で、そのためには、食物繊維と酵素を摂ることが大切です。

酵素でアレルギーが改善

花粉症やぜんそく、アトピーなど、現代人が悩まされるアレルギー症状です。これらの原因は、腸内環境が乱れて、小腸の粘壁に炎症が起こることだといわれています。

これによって、普通は吸収できないような大きな分子(アミノ酸に分解されないタンパク質)が小腸から吸収されてしまい、それによって、異物が血液中に入り込み、それから体を守ろうとして、アレルギー反応が起こるといわれています。

つまり、アレルギーも酵素不足による、腸内環境の悪化が原因とされています。

定期的に「酵素断食」を行うことによって、酵素を補うと同時に、消化器官が休まり、腸壁にできてしまった炎症が治りやすくなります。

酵素がガンを予防する

日本人の3人に1人がガンになるといわれる時代です。

そのガン予防にも酵素は欠かせません。人間の細胞は毎日1兆個が破壊され、同じくらいの数が作られていますが、その過程で数千個から数万個の、「変異細胞」ができているといわれています。

しかし、私たちがすぐにガンにならないのは、免疫システムがガン細胞の増殖を防いでいるからだといわれています。

ところが、何らかの理由によって、免疫力が弱まると、ガン細胞が力を持ってきます。

また、免疫力は20才がピークで、40歳代でその半分、50歳代で3分の1まで落ち込むことがわかっています。

ガンになることを避けるために、酵素や食物繊維をとり続けて、腸内環境を整えて、免疫力の低下を防ぐことが大切です。

酵素で血管のダメージを改善

肥満は体に悪いといわれています。その最大の理由は、血管にダメージを与えるからです。

血管は、体の隅々まで酸素と栄養を送るパイプラインです。この流れを悪くするのが、酵素不足とそれが引き起こす肥満です。

毛細血管は、本来はキレイに並んでいますが、血流や血液の質が低下してくると、ゆがみやねじれのある状態になってきます。

また、血管が太くなっている場合は、脂質や動物性たんぱく質、糖分のとりすぎが疑われ、動脈硬化の危険があります。

これらの状態は、肥満している人に多く見られます。酵素が不足して、腸内環境が悪くなると、血液の中から毒素が吸収されて、血流悪化の原因になるといわれています。

さらに、酵素不足によって太りやすいカラダになっていると、いくらダイエットしても効果は出ずに、毛細血管の改善はしません。

酵素をたっぷりとって、血管を改善し、血流を良くしましょう。

最後に

酵素の働きをさらに高めるのには、運動がおすすめです。

一番いいのは歩くことです。代謝も上がり、全身の筋肉がバランスよく使われます。

脚の筋肉が弛緩と収縮をくりかえすことで、筋肉が血管を圧迫してポンプになる「ミルキングアクション」が起こります。

酵素をとりつつ、ウォーキングすることで、デトックス効果がさらに高まります。無理のない範囲で習慣化しましょう。

酵素ファスティングを月に2回ほど行い、軽いウォーキングを続けることで、女性は酵素を味方につけたらもっとキレイになれる、ということですね。

■【おすすめ酵素ドリンクランキング♪】

ダイエットのための酵素ドリンク・スムージーおすすめ人気ランキング

美容のプロが選んだおすすめ人気酵素ドリンク&サプリメント一覧比較

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。