メラニン色素とは?メラニンの働きとその仕組み美白に必要なケアとは

メラニン色素とは?メラニンの働きとその仕組み美白に必要なケアとは

メラニンはシミや黒ずみの元の嫌われ者として扱われていますが、メラニンができるのには理由があります。その役割や働きについてリサーチします。日焼け、紫外線が肌に及ぼすメカニズムとメラニン細胞ホルモンのシステムについて知ると、美白に一歩近づくことができます。

#メラニン色素とは #働きと役割 #毛穴 #メカニズム #美白ケア

このページでメラニンと美白の関係性を知ることができます♪

トリニティーラインジェルプレミアムの4つのエイジングケアのこだわりがわかります

●メラニンできる原因がわかります

●メラニンの生成の過程がわかります

●紫外線に含まれる有害物質のことがわかります

●メラニン色素を残さない方法がわかります

●自宅で今すぐできる無料の美白ケアがわかります

●美白に必要な美容成分がわかります

メラニンが生成される原因

メラニンの働きとメカニズム

ピン元:サークルズ

メラニンができる原因

メラニン生成のきっかけは、日焼けや紫外線による刺激が原因のひとつです。

しかし、メラニンができるのはそればかりではありません。

他にも摩擦や炎症がきっかけで、メラニンが生成されることもあります。

例えば、、、

●サイズが合わないキツイ下着で、肌に跡がついて黒ずんでしまった!

●自転車のサドルに当たる部分や、ひじ・ひざの関節部分も摩擦で黒ずんできた!

●炎症による刺激は、虫刺されやニキビ、ムダ毛処理による毛穴の炎症などがあげられます。

このように、日常的な摩擦や炎症が原因で部分的にメラニンが増え続けると、やがてシミのような色素沈着を起こすこともあるのです。

メラニンの生成の仕組み

メラニンの生成の仕組み

メラニンができる理由のひとつとして、紫外線により発生する活性酸素を消して、肌の細胞を守る働きがあります。

そのままの状態にしておくと、皮膚トラブルや皮膚がんなどを防ぐためにも、欠かせないものなんですね。

「メラノサイト」という成分がメラニン色素を生成して、真皮に紫外線が届かないように守ってくれるのです。

一方、フェオメラニンは逆に紫外線にあたると活性酸素を増やすので、白人に皮膚がんが多い理由の一つだといわれています。

紫外線の有害物質とは

紫外線の有害物質とは

紫外線は、肌に有害な物質が含まれてるというのはご存知ですよね。

紫外線とは、波長が可視光線より短く、エックス線より長い不可視の電磁波のことです。

紫外線は、長い時間をかけ肌の真皮まで浸透していきコラーゲンを破壊します。それが原因となって、シミやシワ、たるみなどを引き起こす。

一方、肌の色を黒くする「色素沈着」を起こして、メラニンを生成する事で紫外線から肌の細胞を守る役割も果たしているんですね。

多くの美白化粧品が、ハイドロキノンなどチロシナーゼを抑制する成分を含んでいるのは、お肌にシミが現れる前にブロックするためなんですね。

イボがポロリ? わらびはだ公式キャンペーン完全ガイド!

メラニンはお肌のガードマン

メラニン色素はお肌のガードマン

「日焼けもシミも絶対にイヤ!」でもメラニン色素は、紫外線や活性酸素によるダメージを引き受けて、肌細胞を守ってくれている大事な存在なんです。

日焼けをしたとき、メラニン色素がもしなければ、真皮までモロに紫外線の影響を受け、お肌はボロボロになってしまうことでしょう。

ある意味、メラニンは肌のガードマンなのです。

一般的に、肌の上に出てきたメラニンは肌の生まれ変わるターンオーバーによって、垢と一緒に剥がれ落ちて行きます。

ところが、過剰に作られ過ぎたメラニンがターンオーバーの乱れなどによって表皮細胞にとどまると、色素が沈着し、そこにシミとして腰を落ち着けてしまいます。

これがメラニン色素です。

メラニン色素を残さないために

メラニン色素を残さないために

メラニン色素を残さないためには、ターンオーバー周期を正常に保つことが一番大切です。

年齢を重ねると、どうしても周期が衰えて、メラニンの含まれた古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまいます。

一般的にターンオーバー周期は20代で28日間、40代で40日といわれています。

また古い角質が毛羽立つと、ゴワつくだけでなく、影によって肌全体がくすんで見えてしまうこともありますよね。

そこでメラニンを表皮細胞に留まらせず、フレッシュなプリプリ肌を保つ生活習慣を心がけましょう。

●睡眠不足をしない

●適度な運動をしてストレスをためない

●バランスの取れた食生活が大切

メラニンの生成を抑えてくれるビタミンCは、体に蓄積されにくいので、特に毎食気をつけてとるようにしましょう。

美容コラム 肌が黒ずむ原因と自宅で出来る肌を白くする理想的な美白ケア

毛穴のつまりが肌を黒くする

毛穴のつまりが肌を黒くする

毛穴が詰まることでも、肌が黒くなります。毛穴に汚れが詰まると、どうなるでしょうか?そうです!毛穴が黒ずみます。

顔に毛穴はたくさん存在していますよね。その毛穴が詰まって黒ずめば、肌全体が黒く見えてしまいますし、顔色が暗くなってしまいます。

毛穴が詰まる原因は、皮脂だと思っている人が多いと思いまが、皮脂も毛穴が詰まる原因の1つになることもありますが、毛穴詰まりの主な原因は古い角質なんです。

角質の主な成分はたんぱく質です。毛穴が詰まっているのは、皮脂ではなく、角質(たんぱく質)が詰まっていたんですね。

ビタミンCの効能

ビタミンCの効能

日焼けをして肌が黒くなった時は、ビタミンCを積極的に摂取しましょう。

ビタミンCは美白作用が強いので、日焼けをした後にはたっぷり摂取したい栄養素です。

ビタミンCはメラニン色素を作らせない働きがあるだけでなく、作られてしまったメラニン色素を還元する作用があるんです。

日焼けで肌が黒くなる原因は、メラニン色素ができるからですよね。ビタミンCはそのメラニン色素を無色化して、色を薄くしてくれる作用があります。

そのため、日焼け後にたっぷりビタミンCを摂取すると、できてしまったメラニン色素を薄くして、黒くなってしまった肌を白くしてくれるんです。

ビタミンCは果物や野菜に含まれていますので、日焼けをした後は野菜中心の食生活をして、いつも以上にフルーツをたくさん食べましょう。

ビタミンCは水溶性ビタミンで、不要な分は尿と一緒に自然に排泄されますので、過剰摂取はそこまで心配する必要はありませんが、一度に1000㎎以上取ってしまうと、下痢になることはあります。

そのため、ビタミンCを摂取するなら、1度にたくさん摂取するのではなく、朝・昼・夕とこまめに少しずつ摂取するようにしましょう。

米ぬかパックの効能

米ぬかパックの効能

日焼けをして肌が黒くなってしまった時の改善法でおすすめなのは、米ぬかパックです。

精米所やお米屋さんなどでは、米ぬかを無料で分けてくれるところもありますし、スーパーマーケットでも安く売っています。

米ぬかにはフェルラ酸とビタミンB群の2つの美白成分が含まれているんです。フェルラ酸という言葉を初めて聞いた人も多いかもしれません。でも、フェルラ酸はスゴイ美白効果を持っているんです。

フェルラ酸はメラニン色素の生成を抑えてくれます。また、紫外線の吸収を抑えてくれる作用もありますので、日焼けで黒くなった肌を白くすることができるんです。

また、ビタミンB群は肌のターンオーバーを促してくれますので、できてしまったメラニン色素を早く肌の表面に押し上げて、肌から除去できるようになります。

米のとぎ汁

米のとぎ汁

米のとぎ汁洗顔の一番のメリットは、肌のピーリング作用が期待できることです。

市販のピーリング剤は、効果は強すぎるあまり、使いすぎると新しい角質まで取り除いて、逆にターンオーバーを乱してしまう可能性があります。

その点、米のとぎ汁洗顔の場合、お米の細やかな粒子が古い角質だけを取り除いて、穏やかにピーリング作用を発揮してくれます。

ターンオーバーが正しく働くようになれば、シミ予防にもつながります。

それに、お米は毎日炊くので毎日とぎ汁が出ますよね。無料です。(*^_^*)

体を洗う前に、頭皮・お顔、カラダ全体に浸してください。

シャンプーの後、リンスがいらないくらいです。湯船に浸かれば、お肌がツルツルのテカテカになりますよ。

ただし、良く洗わないととぎ汁の臭いと、腐ったような臭いになりますからね。

それにお米のとぎ汁には乳酸菌も多いんですが、正に熱を加えない生乳酸菌なんです。

オススメ美容ブログコラム

美容コラム シミを防ぐ成分一覧

美容コラム 30代になったら始める3つのこと

肌トラブルは保湿が基本

肌トラブルは保湿が基本

肌トラブルの原因のほとんどは乾燥からくるといわれています。

シミ予防ももちろん「保湿」が基本。お肌のバリア機能が失われたカサカサ乾燥肌や、角質がめくれ上がった粉吹き肌では、紫外線の影響を防ぐことができません。

乾燥が激しくなる秋からは、特に角質層の水分量をあげるケアを行いましょう。

メラニンを抑えるスキンケア

メラニンを抑えるスキンケア

日焼けをしてしまったら、日焼け止めを正しく使い、帽子や日傘なども利用して日焼けをしっかり防ぎます。

そのうえで美白化粧品を使って、肌を黒くする要因を減らしていきましょう。

元々多めのメラニン量をこれ以上増やさないように、メラニン生成を防いでくれる成分には、ハイドロキノンやアルブチン、ルシノールなどがあります。

高い抗酸化作用をもつビタミンC誘導体もおすすめです。

紫外線や大気汚染のダメージ、さらにストレスなど様々な要因で発生する活性酸素は、肌トラブルの大きな原因です。

活性酸素を減らすには、美白化粧品で抗酸化成分を補うと効果的です。

抗酸化作用とともに肌のターンオーバーを促すエラグ酸や、新しい肌細胞の生成に役立つプラセンタエキスは、黒ずんでしまった肌を、新しくより白い肌へと生まれ変わらせてくれます。

お風呂上がりの美容法

お風呂上りの肌は角質が水分で満たされ、透明感が増します。

潤った肌はキメが整い、光が乱反射して色白に見えるのです。

地黒・色黒の肌でも、保湿が美白のカギになります。

また、美白成分は潤った肌に良く浸透します。入浴後は、すぐに化粧水で十分に保湿してから美白化粧品を使いましょう。美白成分と一緒に保湿成分の入った化粧品なら、より潤いが増します。

最後に

メラニンは、必ずしも悪者ではないことを説明してきました。

シミひとつない美肌は憧れですが、メラニンが肌に現れるメカニズムがわかれば、シミが蓄積してしまった後の対策よりも、シミ予防に力を入れた方が効率がいいことも納得ですね。

UV対策と保湿、そしてターンオーバーの正常化で、かしこく美肌を守りましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。