青汁が体にいいのには理由がある♪美肌・健康効果・ダイエット効果

青汁が体にいいのには理由がある♪美肌・健康効果・ダイエット効果

大地の栄養分と太陽の光を一杯浴びて育った野菜は、天然のミネラルやビタミンを豊富に含んでいます。

その野菜をギュッと絞った青汁は、正に元気のパワーです。

毎日飲み続けることでカラダは自然な形で美肌・健康体に戻っていきます。

青汁が体にいい理由を説明します。

#青汁 #効果 #美容, #健康力 #ダイエット

青汁が体にいい理由♪美肌・健康効果・ダイエット効果

青汁が体にいい理由♪美肌・健康効果・ダイエット効果

厚生労働省は、1日に食べる野菜の目安として350g、そのうち緑黄色野菜120gを推奨しています。

しかし、毎日の食事でこの基準を満たしている人は少ないです。

でも、緑の野菜を絞った青汁なら、コップ一杯の青汁を飲むだけで、一気に不足分をカバーすることができるんです。

しかも青汁は、「生」だから栄養の損失、酵素の損失もわずかです。天然のビタミン・ミネラルを効果的に摂れるのが青汁なんですね。

青汁を飲み始めるとすぐにわかる効果

ファスティング初心者のための酵素と断食のギモン・シツモン

実際に、青汁を飲み始めた人からは、「ヤセた」「体調がよくなった」「アトピーが改善された」などの声が上がっています。

しかし、なぜ、青汁はカラダにいいのでしょう?

キレやすい子供、アレルギー、メタボ、生活習慣病などが激増していますが、その主な原因として食生活の変化があげられています。

ファーストフードに代表される、カロリーは多いのだけど、栄養が不十分の食事が蔓延しています。

この偏りを、正してくれるのが青汁です。

一例として、骨粗しょう症やイライラの原因となるカルシウム不足ですが、成人女子の1日の摂取基準量は600㎎です。

パセリなら100gでその半分が賄えます。

カラダの健康に必要なビタミン、ミネラルをバランスよくたくさん含んでいるのが青汁です。

青汁は免疫力を高めて悪い細胞の増殖を抑えてくれる

青汁は免疫力を高めて悪い細胞の増殖を抑えてくれる

青汁のさまざまな効果の中で、今最も注目されているのが、ガンを抑制する作用です。

その劇的な効果を見せたのが、ガン細胞に直接、青汁を加えた実験でした。

1、何にも加えていないガン細胞は、どんどん増えていき、青汁を加えたガン細胞では、増殖のスピードが止まった。

2、青汁を加えた胃がんが72時間後にはガン細胞がまばらになってきた。

3、被験者19人に4週間、毎日180mlの青汁を飲んでもらった。4週間目、ガンの抑制を示す「NK(ナチュラルキラー)細胞」の活性度の平均値が9%から12%に上がった。

また、すでにガンへの有効性が研究されているバナナやリンゴより、青汁の方が効果が高いという結果もわかっています。

それにしても、野菜のしぼり汁の青汁に、どうしてこんな効果があるのでしょう。

研究でわかってきたのが、青汁による「免疫力の活性化」されたということです。じつは、体内では、ひんぱんに小さながん細胞は生まれています。

しかし、健康なカラダでは「免疫」というシステムが働き、ガンが育たないうちに死滅させられるのです。

青汁には、ガンを攻撃する「T細胞」のはたらきを活性化させることもわかってきました。

カロリーの高い食べ物をとった後に青汁を飲めば脂肪が付きにくい

カロリーの高い食べ物をとった後に青汁を飲めば脂肪が付きにくい

女性にとって永遠の課題といえば、ダイエットです。

つい食べ過ぎちゃう、太っちゃう、と悩む女性には、やっぱり青汁がおすすめなんです。

青汁は、2つのポイントでダイエットのサポートをします。

①食べ過ぎを防ぐ効果

食事の前に青汁をまずは一杯。すると、青汁に含まれている、食物繊維が満腹感を与え、食べ過ぎを防いでくれます。

➁糖質が脂肪に変わるのを防いでくれる

ご飯やパン、麺類、甘いものに多く含まれるのが炭水化物(糖質)。

糖質は体内で、血糖に変化してエネルギーとして使われます。

この時、まとめて大量に食べたり、お菓子やジュースに含まれる、吸収の早い糖質を摂ると、だぶついた血糖は、体を動かすエネルギーとして使いきれずに、余ってしまいます。

この余った血糖は、脂肪細胞に行き、ぜい肉として体に蓄えられていきます。

ところが、青汁に含まれている、食物繊維には、胃での消化時間を遅くして、血糖の上昇を抑える作用があります。

そのため、食べ物がエネルギーとして活用され、脂肪になりにくくすることになるのです。

ただし、青汁を飲んだからといって、過食は禁物です。あくまでも青汁はダイエットのお手伝い役と心がけましょう。

アトピー、花粉症にも青汁は驚くほど効果的

アトピー、花粉症にも青汁は驚くほど効果的

アトピーや花粉症は、完治が難しいといわれています。

でも、薬では治らなかったけど、青汁を飲んだら治ったという例は、たくさんあります。その効果が、専門家の研究で明らかにされてきました。

花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー疾患は、近年増加しています。

この10年間で、乳幼児のアトピー性皮膚炎が2倍に増えたという調査結果もあります。また、子供に多いとされてきた症状ですが、大人でも悩むケースが増えています。

その原因の一つとして専門家が指摘するのは、食生活の変化です。

脂肪分やタンパク質の多い、欧米型の食事や、食品添加物の影響です。

青汁は、大学の研究でも、アレルギーへに効果が明らかになりました。アレルギーを起こさせる卵白の中のタンパク質をマウスに与えた実験で、青汁を与えたマウスは、アレルギー反応が抑制されるという結果が出たのです。

なぜ、青汁がアレルギーに効くのか、体内でアレルギーが起こるしくみを紐解きます。

本来の体を守るシステムが暴走化する

風疹という病があります。

風疹は一度かかると、二度とかかりません。それは原因となるウィルスに対して、「抗体」が作り出されるからです。

このシステムを「免疫」といいます。

免疫は、体に害を与える細菌やウィルスなどの異物に対して反応します。ところが、この免疫反応が、食べ物など体に害にならないものにまで、過剰に反応している状態が「アレルギー反応」です。

くしゃみや鼻水は、異物を体から追い出したり、侵入を阻止るるための免疫反応のひとつです。

これは風邪などのウィルスに対して撃退するからとても有効です。

しかし、花粉症では、体に害がないはずの花粉にまで、免疫反応が出てしまうのです。

本来、体を守るはずのシステムが暴走して、逆に体を傷つけるほど過剰に働くのがアレルギー反応なのです。

こうしたアレルギー反応を起こす物質を「アレルゲン」といいます。

つまり、青汁という栄養素である「調教師」が、誰にでもかみつく犬を。怪しい人物だけ退治するように調教したということです。

アレルギー対策には対症療法よりも予防を

青汁を飲むことで、「T細胞」の活動が抑えられて、抗体がつくられにくくなっているのがわかりました。

抗体がなければ、無用なアレルギー反応は抑えられることになります。

今、日本には、さまざまなアレルギーに悩む人は3人に1人にのぼっています。しかも、根本治療が難しく、永遠につらい症状を薬で抑えたりの繰り返しです。

青汁を飲むことで、症状を事前に抑えることができる可能が高まる、ということなんですね。

肌の敵、活性酸素の発生を抑えてくれて美肌に

肌の敵、活性酸素の発生を抑えてくれて美肌に

年齢とともに増えるシミ、シワ。治りにくく跡が残る吹き出物。毎日お手入れしていても、次々に現れるのがお肌のトラブルです。

青汁がお肌にいい理由は、たくさあります。

なかでも、肌の老化に大きくかかわる「活性酸素」の撃退効果は見逃せません。

ビタミンA、C、Eを合わせて、「ビタミンエース」と呼びます。その優れた抗酸化力は、エースと呼ぶのにふさわしい名前です。

太陽の紫外線などを浴びると、肌の細胞に「活性酸素」が生まれます。活性酸素とは、体に必要な酸素の一部が変質して、逆に体を傷つけるものです。

肌に異常を感じると、肌の細胞膜に待機していたβ―カロチン(ビタミンA)やビタミンEは、活性酸素の侵入に対して、自分たちが犠牲になって、細胞をガードします。

このとき、傷ついたビタミンEを復活させるのが、ビタミンCです。

このように、ビタミン群は、チームを組んで肌を守っているのです。

また、ビタミンB群は、皮膚の新陳代謝を促進し、ビタミンCがコラーゲンの合成を助けるなど、新しい皮膚をビタミンチームで守って、そして作っています。

さまざまなビタミン・ミネラルを含む青汁なら、美肌チームのスムーズな働きを十分サポートしてくれるのですね。

最後に

その他にも青汁には、私たちの体にいつのまにか堆積して、その働きを狂わせる有害物質が存在しています。

食品添加物や、農薬、空気や水の汚染など、注意しても防ぐことは不可能です。

でも青汁の成分が、有害物質を素早く体外に排出してくれるとしたら、すごいですよね。

ダイオキシンや農薬など、体内に蓄積する有害な化学物質を「環境ホルモン」といいます。ホルモンと似た構造なので、体内に入ると体が錯覚して反応します。

その影響とされるのが、乳幼児の生殖器障害、情緒障害、知能低下、子宮内膜症、精子の減少、乳がんの増加といわれています。

一度体内に入ると、なかなか外に出ないのが有害物質の厄介なところです。こうした有害物質は体内をぐるぐる回り、その濃度はどんどん高くなっていきます。

永遠に続くこの流れを断ち切るのが、青汁の成分です。

クロロフィルと食物繊維は、十二指腸から小腸への流れの中で、有害物質に付着し、大腸へ進み、便と共に排出してしまう働きがあります。

妊娠中のママに青汁のすすめ

知らぬ間にわたしたちの体を虫食む有害物質ですが、脂肪に溶けやすいダイオキシンは、母乳に混じって赤ちゃんの体に入っていきます。

小さな赤ちゃんにとって、有害物質はほんのわずかでも、大きな影響を及ぼします。

いま、妊娠中の方や、赤ちゃんに母乳を与えている女性にとって、青汁は有用だといえるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。