大人可愛い♪わかりやすい肌の仕組み・構造と新エイジングケアの教本

大人可愛エイジングケア♪わかりやすい肌の仕組みと必要なケア教本

ベースメイクの習慣って本当に必要なのでしょうか?ファンデーションなどに含まれる「油分」は、時間の経過とともに酸化します。

肌の上で参加した油分は肌にダメージを与えシミやシワなどの老化を早める原因にならいのでしょうか?

肌に負担を与えないで、美肌への道はどうすればいいのでしょうか?

#エイジングケア #肌の仕組み #ケア方法 #わかりやすい #乾燥

わかりやすい肌の構造とエイジングケアの基本の「き」とは

わかりやすい肌の構造とエイジングケアの基本の「き」とは

●ノーファンデのメイク術を説明します

●皮膚構造について説明します

●角質層の本当の役割を説明します

●ターンオーバーについて説明します

●肌を老化から守る3原則を説明します

●ビタミンCとコラーゲンの関係を説明します

●年齢肌のトラブルについて

★おすすめ関連サイト

基礎化粧のポイント/スキンケアの要は保湿♪ラメラ構造を高めるには>>

ノーファンデのメイク術(大人可愛い素肌美人)

ノーファンデのメイク術(大人可愛い素肌美人)

これからのメイクは隠すより、魅せる!ノーファンデのメイク術

肌を明るく見せる、シミを隠す、デコボコを隠すためにファンデーションを利用しますが、時間の経過と共に、油分が酸化します。

そのことが、シミやシワなどの老化の原因を生んでいます。

日中の肌のベースに必要なのは、「紫外線対策」と「乾燥対策」でこの2つから肌を守ることが基本です。

ファンデーションを使う場合も薄く伸ばすが基本です。

肌の仕組みを知って、素肌美人になる方法を覚えちゃいましょう。(^_-)-☆

皮膚の仕組み皮膚構造とは

皮膚の仕組み皮膚構造とは

ピン元:PGCDソープ

肌の仕組みはとってもデリケートです。

わずか0.02mmの皮膚、「こすりすぎ」が肌に負担になっていた!

どんなに家足く洗っても、クレンジング剤で洗う場合は必要以上に肌をこすってしまい、角質層を傷つけ、保水力が低下してしまいます。

乾燥・たるみやシワの原因になります。

クレンジング剤と洗顔剤で続けて洗うダブル洗顔の注意!肌に負担をかけてしまいます。

そもそもダブル洗顔とは、肌の汚れには油性と水性の2つの汚れがあるため、別々に落とそうとする考え方があったのです。

油性の原因は、皮脂やメイクなどの汚れが原因、だからクレンジングで落とす。

水性の汚れは、チリ・ほこり・雑菌や汗・古い角質などが原因だから、ソープで落とす。

このような考え方が発端となってダブル洗顔が広がりました。

お肌を育てるおすすめ洗顔石鹸

>>PGDCダブル洗顔必要なし朝用と夜用の石けんが肌を育てる

>>ニキビにもエイジングケアにもヴァーナル素肌つるつるセット

角質層の本当の役割とは

角質層の本当の役割とは

肌表面の角質層には、肌が自らうるおうチカラ「NMF(細胞間脂質・皮脂膜)」があり、これらの力で肌のうるおいは保たれています。

ところが、季節や年齢、体調によって左右されやすく、こってりな乳液やクリーム・美容液など過剰なケアを与えていると、肌は「うるおっている」と感じ取り、肌本来の力を弱めてしまいます。

肌自らの力で潤うチカラを引き出すためには、肌が求めているものをきちんと与えるようにします。

大切なのは水溶性の美容成分を届けることです。

そしてその成分が蒸発しないようにフタをする役目になる成分も必要になります。

肌が求めているもの、求めていないものを知り、求めているものを行っていくのが、スキンケアの役割です。

ターンオーバーについて

美しい皮膚を作り続けることが美肌を作るカギ

表皮の基底層で新しい細胞が作られ、4細胞が形を変えながら徐々に押し上げられ角質へと成長します。

その後、角質が垢となって剥がれ落ちることをターンオーバー(角化)といいます。

ターンオーバーの周期は最短28日間

ターンオーバーの一般的な周期は28日です。本来肌は、ターンオーバーのサイクルに合わせて徐々に変化していきます。

だから、1,2週間で肌が劇的に変わるような即効性を化粧品に求めるのは、肌の仕組みからいえば間違っています。

正しいスキンケア、正しいエイジングケアを丁寧に続け、肌のターンオーバーとじっくり向き合う、それが年齢や体調、生活環境に左右されない美肌への道となります。

アイテムを短期間で次ぐから次へと変えるのは、肌の生まれ変わりというリズムとは合いません。

最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月は続けることが必要なことです。

肌を老化から守る3原則とは

正しいエイジングケアとは

肌を老化から守る3原則とは

素肌の老化の主な原因は、「代謝の低下」「保湿力の低下」それと「酸化」の3つです。

肌本来の機能にはたらきかけ再生力を回復させることで、これらの老化原因を早い段階で防ぎ、肌本来にいきわたらせることが、正しいエイジングケアです。

①代謝の低下

洗顔は汚れを落とすだけでなく、年齢と共にとどこおりがちなターンオーバーを助ける役目を果たします。

そして、その後のスキンケアの成果を上げていくためにも大切なステップです。

代謝がおこたると、いつまでも古い角質が肌にとどまって、肌がくすんで見えたり、シミができやすくなります。

洗顔は、朝と夜では落とすべき汚れの質が違います。

➁保湿力の低下

小じわやたるみは肌のバリア機能の低下から始まるといわれています。

潤い不足、乾燥、代謝機能の衰えはさらに表皮から真皮へとダメージが広がってしまいます。

肌本来の正常な働きを導くスキンケアは、肌が求めている潤いを美容液によって届けることが大切です。

③酸化

ファンデーションやカラーコントローラーに含まれている「油分」は、時間の経過とともに酸化します。

酸化した油分は、肌の細胞にダメージを与え、シミやシワを作り老化を早める原因となります。

また、これまでのスキンケアでは「乳液やクリームの油分で水分のフタをしましょう」といわれていましたが、実はこれがくせ者です。

油分は空気に触れたり、紫外線に当たると酸化し、シミやくすみ、たるみなどの老化の原因となることもあります。

だから、酸化を防ぐためには、100%オイルフリーの美容液が適切です。

私たちのお肌はそのままでも健康に保たれるのでしょうか? 答えはノー。 スキンケアの方法や生活習慣などで肌は大...

ビタミンCとコラーゲンの関係について

肌の弾力を左右するのはコラーゲンの働き

ビタミンCとコラーゲンの関係について

コラーゲンとはたんぱく質の一種です。肌に存在するコラーゲンは、網目状に構成され、下から支える柱のような役割があります。

また、肌をみずみずしく保つ働きもあり、ハリや弾力をキープするのに欠かせません。

しかし、コラーゲンを作る力は年齢と共に減少し、18才をピークに次第に衰えていきます。

コラーゲンの生成にはビタミンC

皮膚は表面から、表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれています。

真皮の約70%を占めているのがコラーゲンです。子のコラーゲンの生成に欠かせないのが、ビタミンCです。

ビタミンCは、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑えてくれル美白効果にもビタミンCは欠かせない成分です。

最後に

わかりやすい肌の仕組みと正しいエイジングケアについて調べました。

ベースメイクの習慣って本当に必要なのでしょうか?ファンデーションなどに含まれる「油分」は、時間の経過とともに酸化します。

肌の上で参加した油分は肌にダメージを与えシミやシワなどの老化を早める原因にならいのでしょうか?

肌に負担を与えないで、美肌への道はどうすればいいのでしょうか?

大人可愛い素肌美人を目指しましょう♪

大人可愛いの実現に、老けた印象は絶対NG。内側から幸せ感がにじみ出る輝きがあふれ出すイノセントエンジェルに♪

■関連おすすめサイト・ランキング

50代からのエイジングケア美容液高水準おすすめ人気ランキング♪7選

30代から始めるエイジングケア化粧水おすすめ人気ランキング♪7選

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。