肌が黒ずむ原因と自宅で出来る肌を白くする理想的な美白ケア

肌が黒ずむ原因と自宅で出来る改善方法

日焼けしたわけでもないのに、徐々に全身の肌が黒ずんできました。何か原因があるのでしょうか?

肝臓が弱っている、活性酸素が邪魔してる、年齢によるシミ・黒ずみの原因メラニンなど、が色白を阻害しています。

理想的な美白を目指すのなら、総合的な美白ケアが必要です。その方法について徹底的に調査します。

#美白洗顔 #美白クリーム #美白サプリメント #美白パック #美白美容液 #美白注射

自宅で可能な美白ケアについての理解が深まります♪

自宅で可能な美白ケアについての理解が深まります

●明るく透き通るような肌に生まれ変われますか?

●色が黒くなるメラニン発生の原因がわかります

●肌バリアの改善方法がわかります

●毛穴のつまりを改善する方法がわかります

●自宅で出来る美白ケアを一覧にしました

シミ・黒ずみの原因

シミ・黒ずみの原因

色黒になる、肌が黒くなる、角質が固くなり肌のターンオーバーがスムーズにいかない場合など、原因はいろいろあって、これだけで「色白になる」ことはありません。

白いキメの細かい肌になるのには、総合的にトータルで対策していく必要があります。

①日焼けによるメラニン色素の生成が原因の場合

日焼けによるメラニン色素の生成が原因の場合

肌が黒くなる原因を探るとき、最初に思いつくのが日焼けです。

紫外線を浴びると、肌の奥にの基底層にあるメラノサイトが活性化して、メラニンを作り出します。

メラニンと聞くと、悪者扱いされますがメラニンには、メラニンができる理由とメカニズムがあります。

アフリカ系の人種が肌や髪の色が濃く、北欧系の人種は薄いのは、メラニン色素が関係しているからです。

このメラニン色素は、紫外線から皮膚を守る働きがあるのですが、色素が濃いため、メラニン色素がたくさん作られると、肌が黒くなってしまうのです。

ただ、肌のターンオーバーの作用で、メラニン色素が皮膚の上方に押し上げられ、角質となって剥がれ落ちますので、肌は時間が経つと元の色に戻ります。

ところが、日焼けを続けて、常にメラニンが作られている状態にしてしまうと、肌が黒い状態が続き、一部が色素沈着を起こして、シミとして皮膚の奥深くに残ってしまう性質があります。

また、日焼けをしたわけでもないのに黒い人は、肌の体質によるものですから、肌の再生機能を正常化させることが必要です。

それには、保湿が一番です。

➁毛穴のつまりによる黒ずみ化

毛穴のつまり黒ずみ

毛穴のつまりは、角質と皮質が角栓に詰まってしまうことが原因です。

角栓を取り除いたはずなのに、毛穴が黒い原因、それは毛穴のシミです。

毛穴の角栓は、長期間とどまっていると過酸化脂質へと化学変化を起こし、皮膚に刺激を与え、やがて活性酸素が発生します。

紫外線からお肌を守ろうとして、防衛反応としてメラニンが生成され、シミができるように、毛穴でも活性酸素によってメラニン色素の生成が促されてしまいます。

これが繰り返し起こると、メラニン色素はすっかり沈着。シミのようになって黒ずんで見えてしまうのです。

活性酸素がシミや黒ずみの原因に

活性酸素がシミや黒ずみの原因に

「抗酸化」という言葉は、健康と美容に関心のある方ならば、おなじみのワードです。

抗酸化とは、体をサビさせてしまう悪役のイメージが強い「活性酸素」によって起こります。

私たちが吸っている空気の約20%は酸素で、多くは体の中でエネルギーになります。

取り入れた酸素の内、約2%が活性酸素になりますが、その全てが体に悪影響を及ぼすわけではありません。

ほとんどは体内に侵入した細菌から強い酸化力で体を守ったり、酵素の働きを促したりと健康を維持する働きがあります。

ところが、量が増え過ぎてしまうと酸化力が強すぎて、細胞にダメージを与えてしまいます。

この「酸化」がいわゆるサビのようなもので、シワなどの老化や、また生活習慣病などを引き起こすことに発展します。

どうして活性酸素はできるの?

どうして活性酸素はできるの?

活性酸素には、体内に入り込んだばい菌や細菌から細胞から身を守る働きがあるといわれています。

紫外線には、人体に有害な物質も数多く含まれているから、紫外線を浴びるとその害から身体を守るために、大量の活性酸素が生まれると考えられています。

しかし、必要以上に増えすぎると、その力が強力すぎることでかえって体細胞にダメージを与えてしまうことになり、これが細胞の老化の原因になっていると考えられています。

抗酸化物質とは、酸化されやすい物質のことで、活性酸素などによって私たちの体が酸化されるよりも優先的に酸化してくれます。

そのため、抗酸化物質自身が酸化されることで、体を酸化から防御してくれます。抗酸化物質によって、私たちの細胞は無傷でいられます。

よって、「抗酸化物質」は私たちの体を「活性酸素」などから酸化から守ってくれる物質ではあるのですが、増えすぎてしまうと「活性酸素」は、老化やシミ、ガンなどの原因となってしまうのです。

抗酸化を防ぐには?

活性酸素を取り除く方法

ピン元:丸尾建築

私たちは、酸素を利用してエネルギーを作りますが、酸素を利用すると同時に活性酸素は常に体内で生産され続けています。

「活性酸素」から守ってくれるのが「抗酸化物質」です。

抗酸化物質として活性酸素から守ってくれるのが、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類と、コエンザイム、ポリフェノールです。

これらは野菜や果物に多く含まれています、毎食野菜を食べるようにしましょう。

美白アイテム4選 洗顔からパックまで空極の美白ケア比較

抗過脂化も美白の敵!シミ・黒ずみの原因

抗過脂化も美白の敵!シミ・黒ずみの原因

「抗酸化」やっかいでも気になりますが、「抗過脂化」も黒ずみ・シミの原因になります。

抗過脂化とは、脂肪が過剰になっている状態で、体内の脂質と活性酸素が合わさって「過酸化脂質」が溜まった状態のことをいいます。

シミ対策をしても、いっこうに改善できない!

そんな時は、抗過脂化が原因かもしれません。

メラニンが生成された角質層には、過脂化した物質が広がり、過脂化メラニンのある細胞が邪魔して、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。

肌バリア機能を正常に機能させる方法

肌バリア機能を正常に機能させる方法

「トンビの子はトンビ、蛙の子は蛙」、つまり、ニキビ体質の肌はニキビができやすく、色黒の肌体質なら、白い肌には絶対ならないということです。

それならば、ヒアルロン酸やセラミド、プラセンタなどの肌を保湿して育成する成分を塗りたくれば、肌バリア機能が復活すると考えるの早計です。

なぜならば、肌のバリア機能が正常ではないため、成分が浸透しないから生かしきれません。

「急がば回れ」

肌を健康に保つには、健康的な生活を送ることが一番。

①ストレスに打ち勝つ

ストレスを避けよう避けようとすれとストレスは迫ってきます。自分で克服するしか道はありません。

➁睡眠時間を大切に

12時前に寝て、8時間眠る。

関連記事 睡眠の質を高めるサプリ「ネムリス」商品・口コミレビュー

③便秘は解消する

腸の調子を上げる生活、サプリメントなどで必要な栄養素をしっかりとる。

④スキンケアの基本は洗顔

無添加の植物成分の泡洗顔で、お肌にやさしい洗顔をしましょう。

⑤お肌を柔らかくする美容成分

ビタミンC誘導体、美肌菌と呼ばれる乳酸菌・サフラン配合のスキンケアを積極的に使う。

美肌菌で肌活 実力人気ランキング♪おすすめ3選比較(姉妹サイト)

ブライトニング成分とは

ブライトニング成分とは

美白はホワイトニングで、白い肌をつくるための方法・ケアのことで、美白成分として国から認められた美白成分を使っている医薬部外品であることを指します。

プライトニングは、国から認められていない美白成分のことをいいます。

だからといって、まったく美白効果がないとはいえません。

美容成分の研究は日々進歩していて、国の許認可がない成分でも、美白に有効な成分は世界中で生まれ続け、研究されています。

国の許可を得られるまでは、実験やエビデンスの作成など、長い年月がかかるためその期間を埋めるために「ブライトニング」として製品化しているという状況です。

通常レベルの美白というと、シミやそばかす・くすみ・黒ずみを改善する効果があるのに対し、ブライトニングは、肌全体のトーンを明るくすることを目的とした商品が多いです。

くすみの改善には美白用化粧品でもブライトニング用化粧品でも効果がありますが、シミやそばかすのケアにはホワイトニング、という違いがあります。

これらの違い・特徴を知って、美白の日、ブライトニングの日という形で自分に適したケア方法を取り入れることで、より効果的にケアが進みます。

大切なことは、悩みに対して、手を加えるということです。

何にもしないことは、何の解決も生まないからです。

美容コラム メラニンの働きと仕組みについて

美白ケア成分の働き

美白ケア成分を検証

美白ケア成分には、メラニンの生成をブロックし、排出し、シミの元をブロックするそれぞれの成分があります。

メラニンの生成を止める

カモミラET、トラネキサム酸

カモミラとは植物から抽出したカミツレエキスのこと。トラネキサム酸とは肝斑の改善が効能として認められた成分です。

メラニンの排出を促す

リノール酸です。リノール酸は身体の中で合成できない必須脂肪酸の1つで、植物油などに多く含まれていてビタミンEを含んでいます。

シミの元を止める

ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、ルシノール、エラグ酸、プラセンタエキス、4MSK。

シミの成長を止める

マグノリグナン。「マグノリグナン」はカネボウ化粧品が開発した美白成分です。チロシナーゼたんぱく質の成熟阻害という、従来にない新しい美白作用のメカニズムと高い美白効果により、新規医薬部外品の有効成分として、平成17年に厚生労働省から認可されました。(引用:カネボウ化粧品)

最後に

肌の黒ずみの原因を調査しました。肝臓が弱っている、活性酸素が邪魔してる、年齢によるシミ・黒ずみの原因メラニンなど、が色白を阻害しています。

理想的な美白を目指すのなら、総合的な美白ケアが必要です。その方法について徹底的に調査しました。

美白ケア最新情報

美白アイテム4選 洗顔からパックまで空極の美白ケア4選比較

美白コラム 30代になったら始める3つのこと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。