眠りの質にこだわり睡眠で美肌を作る方法♪体のリズム・再生・環境

眠りの質にこだわり睡眠で美肌を作る方法♪体のリズム・再生・環境

肌の再生をスムーズに行うためには、ぐっすり眠ることが大切です。

決まった時間に寝て、決まった時間に起きて、睡眠のリズムを整えることから始めましょう。

眠りの質にもこだわり、睡眠で美肌を作る体のリズム、再生、環境を作る方法を説明します。

#眠りの質 #美肌 #ゴールデンタイム #ターンオーバー #リズム #環境

眠りの質にこだわり睡眠で美肌を作る方法

「睡眠不足はお肌の大敵」ともいられます。

その理由のひとつは、肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」に、眠ることが密接に関わり合っているからです。

午後10時から午前2時までの間は、体と肌の「ゴールデンタイム」といわれています。

睡眠中は、自律神経はリラックスした状態になり、腸が活動を始めます。反対によく眠れないと、腸が動かないため便秘を引き起こします。

便秘になると、栄養が肌に届かなくなり、肌荒れのもとになってしまいます。つまり、睡眠不足は、二重の意味で肌も影響を与えるのです。

■睡眠おすすめコラム

睡眠には大切な2つの役割が課せられています♪睡眠で免疫を上げる

体にオン・オフのリズムを作る

体にオン・オフのリズムを作る

本来私たちの体は、朝日と共に目覚め、日が沈んだら眠るようにできています。

美容や健康のためにも、そういった規則正しい生活が理想ですが、現代ではなかなか難しいでしょう。

美肌への一番の近道は、起きる時間を一定にすることです。

そうすれば、体内時計が整い、体に一定のリズムが作られます。休むべき時はぐっすり休み、起きて働くときは、バッチリと目覚めるようにしましょう。

たとえば、深夜働いている人は、昼間寝無ければならないのですが、起きる時間が一定であれば、体のリズムはある程度は保てます。

重要なことは、1日のサイクルの中で、しっかり休息することです。これで肌はイキイキとしてきます。

眠りを妨げる2大要因

睡眠時間は5~7時間が目安とはいえ、最適な時間は人によって異なります。

自分が良いと思うだけ寝ていても、時間にこだわる必要はありません。

大切なのは睡眠の質です。朝起きてすぐに「だるい」「疲れが取れていない」と感じるのは、良質な眠りが取れていない証拠です。

眠る前の過ごした方や、睡眠環境に問題がある場合も多いので、見直してみましょう。

守ってほしいのは2つです。

1、眠る前の3時間は食事をとらない

2、眠るときは部屋を真っ暗にする

寝る前にものを食べると、胃が動き続けるため、体が充分に休まりません。また、わずかな光でも瞼を通して目に中に入り、刺激を与えるため、心や体の休息を妨げます。

よく眠れていないと乾燥・シワ・シミの原因に

腸から栄養がスムーズに吸収されないため、肌に届いていないため、便秘になる。そして、深い睡眠が訪れないと、成長ホルモンが出ないので、肌細胞の分裂が行われずに、肌が生まれ変わらない。(ターンオーバーの乱れ)

上質な眠りをとるための環境整備

上質な眠りをとるための環境整備

体を自然に眠りやすい状態に導くことも大切です。

寝る前にはお風呂に入ったり、軽いストレッチをするのもいいです。血行が良くなり、全身が温まるほか、心や体がリラックスします。

ただし、熱すぎるお風呂や、激しいストレッチは、逆に体や神経を目覚めさせてしまいます。

お風呂のお湯は体温より高めの「40度C前後」がリラックスには最適です。

ストレッチは、ゆっくりと呼吸を整えながら、心地よいと感じる力加減で関節を伸ばしましょう。

ぐっすり眠るための環境を整える

良質な眠りのためには、部屋の温度、湿度、寝具の硬さなどいくつかの条件を満たしましょう。

枕元に1杯の水を置いておくのもいいです。喉が渇いて目覚めた時に、すぐにのどを潤すことができるので、立ち上がって移動すると、そのまま眠れなくなってしまうという事態も防げます。

朝に目覚める体内リズムを作りたい人は、寝室には光を通すカーテンがおすすめです。

朝日が出て、だんだん明るくなるのが、体で感じることができるので、自然な目覚めにつながります。

眠りと美肌の常識

眠りと美肌の常識

眠りを導くのは、副交感神経

私たちの体の緊張とリラックスをコントロールしているのが、自律神経の交感神経と、副交感神経です。

この2つが、シーソーのようにバランスを取り合って、緊張とリラックスを作っています。

おだやかな眠りのためには、副交感神経が働いている必要があるのですが、スマートフォンやパソコンを見ると、交感神経が興奮して、リラックスとは程遠い状態になってしまうからです。

寝る前に、メールチェックしたり、ラインチェックしたり、ゲームや映画を楽しんでいる人も多いです。

しかし、せめて寝る前の1時間くらい前は、スマホやパソコンから離れることをおすすめします。

読書をしたり、ゆったりした音楽を聴くなど、寝る前はおだやかに過ごしましょう。

さいごに

睡眠が、お肌に影響を与えるメカニズムについて説明しました。

そこでもう一つ、良い眠りのためのひと工夫を。

アロマテラピー

香りは心身をリラックスさせ、眠りをうながす効果があります。ラベンダー系、カモミール、ネロリなどに、心身を穏やかにする効果がありますが、自分が落ち着くことが一番です。

飲み物

カフェインの入っていないものがおすすめです。ホッとする香りのものがいいです。アルコールも、1杯程度なら体を温め、眠りに導いてくれます。

腹式呼吸

お腹でゆっくり息をします。息を吸う時よりも、吐くときに時間をかけるようにします。すると、副交感神経が優位になり、リラックスしてきます。

■眠りおすすめアイテムランキング♪

薬に頼るほどでもない場合は睡眠サプリ♪おすすめスーパーランキング

お子さまとママ、妊活の為の酵素ドリンクおすすめ口コミランキング♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。