ラメラ構造一覧

【肌の構造】ラメラ構造を高めるスキンケアの要は保湿がカギ!

角質細胞間脂質(かくしつさいぼうかんししつ)いわゆる「セラミド」は、水分をサンドイッチ状に挟み込む性質があります。この肌の構造はラメラ構造と呼ばれています。ラメラ構造に組み込まれた水分は、湿度が0%になっても蒸発しません。スキンケアの要は保湿です。水分を補うのではなく肌そのものの保湿力を高める方法を説明します。