イボの原因と種類♪肌老化を防ぐスキンケア一覧!

イボの原因と種類♪肌老化を防ぐスキンケア一覧!

デコルテ、首にできる突出したイボ。

どうしてイボはできるのだろう?イボを取る方法はあるの?

一旦できたイボを取ることは難しいです。

イボには種類があり、それに応じたスキンケアが必要です。

イボの種類の一覧、それに応じたスキンケアの一覧をご紹介します。

#イボの原因 #種類 #スキンケア #イボを取る方法

イボの原因と種類

イボの原因と種類

一口にイボといっても、イボはシミが固まってできるのものや、ほくろが変化するもの、おできからイボになるケース、日焼けや加齢など、原因は様々です。

ただ言えることは、私たちに元々備わっている、肌の新陳代謝「ターンオーバー」が加齢とともに衰えてきて、シワやシミ・たるみ・くすみ・イボとなって現れる「肌老化」の一種だということです。

つまり、イボはウィルス性のものもありますが、その原因は肌老化からくるものであり、シミケア・たるみケア・シワケアと同じスキンケアが必要だということです。

ただし、スキンケアでもイボは取ることは不可能です。

ターンオーバーの周期は50代では50日、約2ヶ月といわれています。新陳代謝の期間が20代の頃の倍以上かかります。

50日を1クールとして、最低4クール、つまり、200日かけて正しい肌細胞の生成を行いつつのケアになりますので、根気のいるスキンケアといわざるをえませんね。

美容外科でイボを取ることは可能です。

でも、根本的な原因を排除しない限り、イボはまた出てきます。

イボ取りクリームおすすめ人気ランキング

人気イボ取りクリーム比較♪おすすめスーパーランキング7選

スキンタッグ

スキンタッグとは、デコルテや首、わきの下、まぶたなど、皮膚が弱い部分にできやすいイボの事です。

大きさは1~3ミリ程度のものが多く、色は赤みや褐色で、皮膚から少し飛び出しています。原因は日焼けや加齢です。

これは、良性の皮膚腫瘍の一種で、感染性はないため、特に心配なものではありませんが、衣類でこすれたり、ねじれたりして炎症を起こすことがあります。

スキンケアの方法

見た目が気になったり、よく引っかかるようなら、皮膚科で見てもらってください。レーザー治療などで、簡単な手術で解消できます。

スキンケアは、肌再生機能を意識したスキンケアが必要になります。スクワラン・プラセンタ配合の化粧品がおすすめです。

イボ・ポツポツがポロリ?わらびはだキャンペーン情報と商品レビュー>>

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

シミのようでもある、イボのようにポツンと盛り上がった毛状の良性の腫瘍のひとつで、徐々に厚くなるのが特徴です。

主に日焼けが原因の老化現象ですが、若い人にもできる可能性があります。

放置しても、問題はないですが、フェイスラインにできる場合が多く、大きくなると髪の毛を整えたりうぶ毛を剃るときに引っかかり血が出ることもあるので注意が必要です。

別名を、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)といいます。

スキンケアの方法

高濃度のビタミンC誘導体配合の化粧水・ローションです。本来ビタミンCは美白など肌に良いことは知られていましたが、化粧品としては浸透しないため使われていませんでした。

その問題をクリアーしたのが「ビタミンC誘導体」です。

ちなみに、自宅でレモンの輪切りを顔に乗せていても、ビタミンCは浸透しませんからね。

イオン導入美顔器

イオンの力で、通常のスキンケアの200倍の浸透力を発揮するのが、イオン導入器です。ビタミンC誘導体入りのジェルをつけて、行うとより効果的です。

ただし、浸透力があるので、添加物入りの化粧品だと、添加物も肌に入り込んでしまうため、とても危険です。専用のジェルまたは、無添加化粧品を使いましょう。

ビタミンC誘導体化粧水おすすめランキング

ワンランク上のビタミンC導入化粧水・美容液おすすめランキング7選

シミともイボとも違うホクロとの付き合い方

シミともイボとも違うホクロとの付き合い方

肌に褐色のポツンとした天上のものができると、それがホクロなのかイボなのかシミなのか判断に迷うことはありませんか?

ホクロとイボ、シミは見分けるのが難しい場合もあるので、対処に困りますよね。

ホクロの多くは、「色素性母斑(しきそせいぼはん)」と呼ばれるものです。その細胞は、赤ちゃんがお腹の中にいるときに、体中の皮膚にばらまかれ、成長の過程で次第に分裂して増えて目に見える大きさになります。

通常のホクロは、放置していても問題はありませんが、なかにはメラノーマ(悪性黒色腫)のように注意が必要なものもあります。

急にホクロが大きくなって、厚みが出てきたり、不明瞭でいびつな形や色のホクロができた時は、念のために皮膚科で見てもらうことが必要です。

おかしな形状のホクロは、素人判断で放置すると大変危険です。

また、ホクロは刺激を与えない方がよいので、気になってもいじらないでください。

ホクロのスキンケア

手のひらや足の裏など、日常生活の中で刺激を受けそうな部位のホクロや、頭皮やあごなど、突出したホクロができた時は、皮下からないように取り去った方がいいでしょう。

美容皮膚科では、レーザー治療や電気メスなどでの施術をします。

スキンケアでの場合は、シミやイボと同じスキンケアが必要です。

浸透力イオン導入美顔器ランキング

ニキビ・エイジングケア・美肌イオン導入美顔器おすすめランキング

老け顔の原因「クマ」色白の人はできやすい

老け顔の原因「クマ」色白の人はできやすい

睡眠不足や加齢、シミが原因の場合もあります。

青黒いクマは、目の下の薄い皮膚を通して血液のよどみが透けて見えているのです。

これは、くすみの一種で、目の疲れや冷えから起こる血行不良が原因です。10代から起こり、睡眠不足によって悪化します。

茶色いクマは、小さなシミが集まって茶色く見えるものです。

シミの一種なので、十分な睡眠をとっても改善はしません。

黒い影のクマは、加齢で目の下の皮膚が薄くなるなど、皮膚のたるみが原因です。

クマができてしまった時は、気を落とさずに、まず、どのタイプのクマなのかじっくり観察しましょう。

老人性イボならスーベEX商品レビュー

クマのお手入れ

色白の人はクマができやすい。

目の下の皮膚は墓の部分と違い、薄くてデリケートです。

顔の他の部分の皮膚と比べると、3分の1程度の厚さしかなく、寝不足や目の疲れ、血行不良になると、老廃物を含んだ血液が薄い皮膚を通して透けて見えるのです。

さらに老廃物が多いと、青黒く見える場合があります。

目元はデリケートケアも慎重に

小さい細かいシミによるクマは、ビタミンC誘導体の配合された美容液が有効です。

最近は目元周辺のシミ用クリームも市販されていますから利用してみては…。

ただし、目元はデリケートな部位なので、少しでも刺激を感じたり違和感を覚えたら、そのケアを中止してください。

目元のシミケア関連サイト

ブライトピュアホワイトニングセット/500本のニードルパッチ口コミレビュー

たるみはコラーゲンの減少が原因

たるみはコラーゲンの減少が原因

イボやシワなどの説明をしましたが、たるみも肌老化の最たるものです。

肌のたるみは、若い頃には無縁でも、年を重ねるごとに多くの人の悩みの種となります。これには、若いころからの予防がとても大切なんです。

たるみとは、シワと同じように皮膚の弾力性を保つ、真皮の成分やコラーゲン、エラスチンといった線維が変形したり、老朽化することによって起こります。

真皮の70%を占めるコラーゲンは、ゴムのように弾力のある繊維です。細胞ではないので、表皮細胞のようにターンオーバーで生まれ変わることもなく、加齢によって古いゴムのように弾力を失います。

特に、40才台以降は、再生が行われなくなり、繊維の量も減り、表皮や骨、筋肉を引き付けておく弾力を失っていきます。

こうしてたるみやシワは加齢とともに徐々に進行していきます。

ほうれい線もたるみから起きます。

刺すヒアルロン酸おすすめランキング

シワ・シミに直撃♪ヒアルロン酸マイクロパッチおすすめランキング7選

たるみのスキンケア

たるみの予防の効果手毛期なのは、第一にUVケアです。

紫外線は、真皮のコラーゲンやエラスチンなどの線維ネットワークを、徐々に減少させていきます。

コラーゲン線維は少しづつ再生しますが、40代に入ると、ほとんど生産しなくなり、ヘル一歩になります。

普段のケアには、保湿成分のセラミド・抗酸化作用のあるビタミンC誘導体、水分を保つレチノールなどが配合された基礎化粧品を利用しましょう。

小鼻近くの毛穴のたるみが目立つ際には、ピーリングを行いましょう。

毛穴の汚れが取れて、ひきしめられ、有効成分の浸透率がアップします。

コラーゲンを増やすのは、タンパク質と共に、その生成をうながすビタミンCです。

最後に

イボは肌の老齢化によって起きます。

最近は、エイジングケアとして、肌への浸透力が高いビタミンC誘導体配合の化粧品も登場しています。

ビタミンC誘導体配合おすすめ化粧水ランキングはこちら>>

また、最近ではスチーマー、イオン導入、美容ローラーなど、優秀かつユニークな美顔器がつぎつぎと登場しています。

キレイになるだけでなく、いやし効果、リラックス効果も得られるから、ご利用の方も多いと思います。

>>元美容部員が選ぶ♪自宅で使える美顔器おすすめランキングベスト10

キレイになる時間を習慣づけましょう。

様々な美容アイテム・機器がありますが、いろいろ試してみて「自分はこれが気持ちいい、効果がありそう」と思うものが見つかったら、それをしばらく継続することが大切だと思います。

よくないのは、いろいろ少しづつ試して、すぐに飽きてしまい、結局、何もやらなくなることです。

スキンケア、美容機器は、継続して行うことで肌は確実に若返ります。

美白おすすめ人気ランキング

1、50代から変えるシミ・シワ美白洗顔石鹸おすすめ人気ランキング♪7選

2、50代からのエイジングケア美容液おすすめ人気ランキング♪7選

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。